オヤジの介護

生活不活発病は恐ろしい

とくに原因となるケガや病気がなくても、じっと動かないでいると筋肉が衰えてしまう。入院をきっかけに足腰が弱ってしまうことが多いが、たとえ元気な人でも、家でゴロゴロと寝っころがってテレビばかり見ていると、脚が衰えて歩けなくなってしまう。これを廃...

猫、大事なんで

私は猫好きだけど猫アレルギーをもっている。 油断するとひどい喘息もでるし、アトピーが爆発して蕁麻疹になり、顔がボロボロになる。 そのため動物と暮らすことは子供の頃からドクターストップがかかっている。 「それなのに猫飼ってるの!?」 ...
オヤジの介護

タバコとトイレの駆け引き

オヤジはよくトイレを失敗する。 いや、リハパンをはいているので、粗相は大丈夫なんだけど。 トイレの使い方を失敗するのだ。 便座を上げずにやっちゃうから、母が使おうとしたらいつも便座がびしょぬれだ。 ついでに床もびしょぬれで、水たまり...
スポンサーリンク
日記

「介護旅行ハンドブック」の野望

46歳の私が若者に混じって「チャレンジャーズアワード」を頂いたことで、ちょっと考えた。 ・・・チャレンジかあ、と。 私は飽き性だから、じきに新しいことを始めたくなる。それをチャレンジ精神と呼ぶならば、私にはまだ、チャレンジしたいことがあ...

若ぶってみた

腎臓病でなかなかゴハンが食べられないサンジに、動物病院の看護師さんが 「ぜんぶ持って帰って!」 キャットフードの試供品を山ほどくれた。 「ひとつくらい口に合うものがあるかもしれないから!」 ありがたく頂いて、帰宅後さっそくサンジ...
利用者さん

ほめてもらった!

夏に始めた「さわやか今昔ものがたり」の企画はまだまだ続いている。利用者さんの子供の頃の話や戦争中の話を聞き取り、文章化して残していこうという取り組みだ。 関西人だからオモロイ話も多いのだけど、 「やっぱり書かんといて」 と言われる方も...
妹のこと

沈黙の会話

先日、妹・U子の誕生日だった。 施設入所中の妹だ。 コロナのせいで長いこと顔を見ることができないでいる。 せめてプレゼントくらいは贈ろうと、母が服などを買い、施設に郵送した。 そうしたら、施設から電話がかかってきた。 最初は職...

がんばれサンジ!

猫のサンジがご飯を食べなくなった。少し食欲がおちてるなあとは思ってたけど、昨日まではわりと元気で、キャットタワーまで駆け上っていたのに。今朝はもうなんにも食べない。水も飲まない。 「どうしたサンジ!」 どうしたもこうしたも。 4年前か...
母の介護

やっぱり、おでかけは最高のリハビリだ

母の退院から一週間が過ぎた。 だが、なかなか元に戻らない。 体力も筋力も食欲も、衰えたままだ。 なにより気力に乏しい。 USJには行きたがるけど、それ以外は全然ダメ。 本さえあまり読まないで 「なーんもしたくなーい」 と、...
利用者さん

悲しみを抱えて歩きだす勇気

利用者さんのお宅のテーブルに、絵本が広げてあった。 新美南吉の『でんでんむしのかなしみ』という絵本だ。 「読んでみい」 と言われる。 でんでんむしのかなしみ 1匹のでんでん虫が 「ぼくの殻には悲しみが詰まっている」 ...
タイトルとURLをコピーしました