日記

毎日ご飯を作らなくちゃいけない悲劇

「年をとって生きていくのは本当に大変なのよ」 とある高齢の奥様が言った。 「だってどんなに年をとっても、毎日ご飯の用意をしなくちゃいけないんだから!」 高齢者が台所に立つのは大変なことだ。 痛む脚や曲がった腰をかかえて料理をつくる。...
利用者さん

趣味か仕事かよくわかんない企画

『今昔ものがたり』の企画のため、利用者さんのお宅へ昔話を聴きとりにいった。 日曜だというのに上司も一緒にきてくれた。 「これはまあ趣味みたいなもんだから!」 と言って。 趣味というなら、それこそ私の趣味みたいな企画なので申し訳ない。...
訪問介護

アカギレの季節がやってくる

世の中はシルバーウィークの4連休に入ったようだ。GOTOトラベルでお得だとか、来月からはGOTOイートが始まるとか、テレビはのんきなことを言っている。 けれど私たち介護職にはまったく関係なくて。 今日も仕事のあとで感染防止の研修会を...
スポンサーリンク
在宅介護

愚痴を聞いてくれる人

先日、市からチャレンジャーズ・アワードという賞をいただいたのだが、それがいろいろな人にバレていて、上司やら利用者さんやらに 「広報に載ってたな~」 と声をかけていただいた。 嬉しかったのは、久しぶりの友人知人からメッセージをもらっ...
オヤジの介護

生活不活発病は恐ろしい

とくに原因となるケガや病気がなくても、じっと動かないでいると筋肉が衰えてしまう。入院をきっかけに足腰が弱ってしまうことが多いが、たとえ元気な人でも、家でゴロゴロと寝っころがってテレビばかり見ていると、脚が衰えて歩けなくなってしまう。これを廃...

猫、大事なんで

私は猫好きだけど猫アレルギーをもっている。 油断するとひどい喘息もでるし、アトピーが爆発して蕁麻疹になり、顔がボロボロになる。 そのため動物と暮らすことは子供の頃からドクターストップがかかっている。 「それなのに猫飼ってるの!?」 ...
オヤジの介護

タバコとトイレの駆け引き

オヤジはよくトイレを失敗する。 いや、リハパンをはいているので、粗相は大丈夫なんだけど。 トイレの使い方を失敗するのだ。 便座を上げずにやっちゃうから、母が使おうとしたらいつも便座がびしょぬれだ。 ついでに床もびしょぬれで、水たまり...
日記

「介護旅行ハンドブック」の野望

46歳の私が若者に混じって「チャレンジャーズアワード」を頂いたことで、ちょっと考えた。 ・・・チャレンジかあ、と。 私は飽き性だから、じきに新しいことを始めたくなる。それをチャレンジ精神と呼ぶならば、私にはまだ、チャレンジしたいことがあ...

若ぶってみた

腎臓病でなかなかゴハンが食べられないサンジに、動物病院の看護師さんが 「ぜんぶ持って帰って!」 キャットフードの試供品を山ほどくれた。 「ひとつくらい口に合うものがあるかもしれないから!」 ありがたく頂いて、帰宅後さっそくサンジ...
利用者さん

ほめてもらった!

夏に始めた「さわやか今昔ものがたり」の企画はまだまだ続いている。利用者さんの子供の頃の話や戦争中の話を聞き取り、文章化して残していこうという取り組みだ。 関西人だからオモロイ話も多いのだけど、 「やっぱり書かんといて」 と言われる方も...
タイトルとURLをコピーしました