母の介護

検査を受けさせたいけれど・・・

夜0時半。 私はぐっすり眠っていたが、夢の中で予感めいたものを感じていた。 ・・・ああ、来るな。 それは地震の前の予兆のような、わずかな気配。 たぶん、隣のベッドから漏れてくるかすかな異音を、寝ながら聞いていたのだろう。 母が身動...

ゴロゴロしたい

猫は体内時計が発達しているから、毎朝、同じ時間に 「朝だよ!」 と起こしてくれる子が多い。 今までの子はみんなそうだった。 サンジなんて激しくて、頭のてっぺんにかぶりついてくる。 「朝だよ、ご飯の時間だよ!」 と。 だが、...
訪問介護

訪問先での些細なできごと

ヘルパーの仕事で訪問したら、 「まあ、祝日なのに来てくれたの!?」 と利用者さんに驚かれた。 介護の仕事に祝日とか関係ありませんよ!と私が笑うと、 「来てくれてありがとう。家族もいない私には、あなた達しかいないの」 と泣かれた。 ...
スポンサーリンク
オヤジの介護

オヤジ、要支援1を継続

我慢の3連休のうち、今日だけは私もお休みだ。 朝から 「散歩だー!」 と両親を連れ出した。 オヤジは今週ほとんど動いていない。 昨日は「もう放っとこうか」と思ったが、このままオヤジまで歩けなくなったら、私1人で車椅子を2台、押...
在宅介護

我慢の3連休

世の中、3連休。 今回は「我慢の3連休」だと言われている。 コロナ感染拡大が加速しているからだ。 だけど。 正直、もうね。 3連休どころか、春からずっと我慢しっぱなしやん!? みんな我慢に飽きている。 ステイホームに飽...
デイサービス

洗濯機の悲劇

利用者さんにサヨナラを言って、デイサービスでの一日が終わった。 掃除して。 記録をつけて。 明日の準備をして。 最後に 「洗濯物を干したら終わりだー」 ホッとした気分で洗濯機を開けると! ・・・そこには地獄が広がっていた。 ...
利用者さん

93才、『鬼滅の刃』を見る

折込みチラシを眺めていた93才の利用者さんが、ふと呟いた。 「ほーう、どこもかしこも『鬼滅の刃』ばっかりですね」 ・・・ご存知なのですか? 「そりゃあ知ってますよ」 世の中「キメハラ」なんて言葉が生まれるほどである。 この手の流行...
在宅介護

withコロナ時代の「おでかけ」を模索する

私は一応介護職なので、緊急事態宣言の頃と変わらない生活を送っている。外食しない、人と会わない、電車に乗らない、人の集まるところに行かない、飲み会なんかとんでもない。『鬼滅の刃』もめっちゃ見に行きたいけど我慢ガマン! だが家に籠もってば...
オヤジの介護

夫婦の会話

うちの両親は2人とも脳卒中の後遺障害があり、2人ともいい感じにボケている。2人とも記憶がまだらで曖昧だ。母はニュースなどをちゃんと覚えていることもあるけれど、高次脳が炸裂して、突拍子もないボケをかましてきたりする。オヤジは一日中ボーッっとし...
在宅介護

年末年始、悪魔の予定

今年も残すところ1か月半。 母と 「年末年始はどうする?」 という話になった。 母は30日までデイがある。 私の仕事納めはいつだったかなあ…。 例年ならこの時期、オーストラリアに住む妹一家が里帰りする。子供たちと一緒にクリス...
タイトルとURLをコピーしました