利用者さん

利用者さん

最後の授業

私が勤めるデイサービスに、誰からも慕われる利用者さんがいた。最年長だったし、かつて小学校の先生をしていらしたので周りから「先生」と呼ばれていたけれど、とても謙虚な方だった。晩年は口数も少なくなったけれど、いつでもニコニコ微笑んでおられた。 ...
利用者さん

趣味か仕事かよくわかんない企画

『今昔ものがたり』の企画のため、利用者さんのお宅へ昔話を聴きとりにいった。 日曜だというのに上司も一緒にきてくれた。 「これはまあ趣味みたいなもんだから!」 と言って。 趣味というなら、それこそ私の趣味みたいな企画なので申し訳ない。...
利用者さん

ほめてもらった!

夏に始めた「さわやか今昔ものがたり」の企画はまだまだ続いている。利用者さんの子供の頃の話や戦争中の話を聞き取り、文章化して残していこうという取り組みだ。 関西人だからオモロイ話も多いのだけど、 「やっぱり書かんといて」 と言われる方も...
スポンサーリンク
利用者さん

悲しみを抱えて歩きだす勇気

利用者さんのお宅のテーブルに、絵本が広げてあった。 新美南吉の『でんでんむしのかなしみ』という絵本だ。 「読んでみい」 と言われる。 でんでんむしのかなしみ 1匹のでんでん虫が 「ぼくの殻には悲しみが詰まっている」 ...
利用者さん

いつまでもお元気で

介護職は出会いと別れの仕事である。 別れには、亡くなったりや施設に入所されたりしてお別れする方が多いが、遠方に住む子供さんと一緒に住むため引っ越しされる方もある。 「心配だわ。この年で引っ越しなんて」 F子さんは何度もそう繰り返し...
利用者さん

75年間しまっていた話

大正生まれのAさんに 「昔のお話を聞かせてください」 と頼んだときのことだ。 Aさんが 「こんな婆ぁの話なんか聞いてどうすんの」 と笑っておっしゃるので、私は 「今後は、戦争を知らない世代が、若い人たちに『戦争はいけないことだ』...
介護職

2か月ぶりの訪問

訪問介護の現場でも 「コロナが怖いからヘルパーさんも来ていらん」 という方がちょくちょくおられた。(我が家もなんだけど) 心配は心配だけど、要支援だったり家族さんが近くに住んでたりするので、まあヘルパーなしでもギリギリやっていけるんだ...
介護職

やっぱり、つらい

デイサービスの利用者さんが亡くなった。ずっと病気だったし高齢も高齢だし大往生といえるのだろう。それでも。 「嫌になっちゃう」 上司が愚痴をこぼす。 うちのデイは最大8人の少人数制である。施設じゃなくて普通の民家だし、食事もおやつも...
介護職

利用者さんを泣かせてしまった

「すみません」 が口癖の利用者さんがいる。 認知症がすすんでできないことが増え、謝る場面も多くなった。 着替えとか。 トイレの後始末とか。 どうしても職員が手伝わなくちゃいけないくて、そのたびに「すみません、すみません」と小さくな...
利用者さん

先のこをと気に病むな

訪問の利用者さん、94才のおばあちゃんの言葉。 「テレビ見とったらなあ、コロナでみんな大変やなあ。 仕事もない、お金もなくなっとる人ばっかりや。 遊びにも行かれへんしな。 誰にも会われへんしな。 学校もまだ始まらへんのかいな、...
タイトルとURLをコピーしました