利用者さん

利用者さん

悲しみを抱えて歩きだす勇気

利用者さんのお宅のテーブルに、絵本が広げてあった。 新美南吉の『でんでんむしのかなしみ』という絵本だ。 「読んでみい」 と言われる。 でんでんむしのかなしみ 1匹のでんでん虫が 「ぼくの殻には悲しみが詰まっている」 ...
利用者さん

いつまでもお元気で

介護職は出会いと別れの仕事である。 別れには、亡くなったりや施設に入所されたりしてお別れする方が多いが、遠方に住む子供さんと一緒に住むため引っ越しされる方もある。 「心配だわ。この年で引っ越しなんて」 F子さんは何度もそう繰り返し...
利用者さん

75年間しまっていた話

大正生まれのAさんに 「昔のお話を聞かせてください」 と頼んだときのことだ。 Aさんが 「こんな婆ぁの話なんか聞いてどうすんの」 と笑っておっしゃるので、私は 「今後は、戦争を知らない世代が、若い人たちに『戦争はいけないことだ』...
スポンサーリンク
介護職

2か月ぶりの訪問

訪問介護の現場でも 「コロナが怖いからヘルパーさんも来ていらん」 という方がちょくちょくおられた。(我が家もなんだけど) 心配は心配だけど、要支援だったり家族さんが近くに住んでたりするので、まあヘルパーなしでもギリギリやっていけるんだ...
介護職

やっぱり、つらい

デイサービスの利用者さんが亡くなった。ずっと病気だったし高齢も高齢だし大往生といえるのだろう。それでも。 「嫌になっちゃう」 上司が愚痴をこぼす。 うちのデイは最大8人の少人数制である。施設じゃなくて普通の民家だし、食事もおやつも...
介護職

利用者さんを泣かせてしまった

「すみません」 が口癖の利用者さんがいる。 認知症がすすんでできないことが増え、謝る場面も多くなった。 着替えとか。 トイレの後始末とか。 どうしても職員が手伝わなくちゃいけないくて、そのたびに「すみません、すみません」と小さくな...
利用者さん

先のこをと気に病むな

訪問の利用者さん、94才のおばあちゃんの言葉。 「テレビ見とったらなあ、コロナでみんな大変やなあ。 仕事もない、お金もなくなっとる人ばっかりや。 遊びにも行かれへんしな。 誰にも会われへんしな。 学校もまだ始まらへんのかいな、...
介護職

おばあちゃんが雑草を抜かない理由

仕事で出会ったおばあちゃんの話をしよう。 ちょっぴり口は悪いが、賢くて物知りなおばあちゃんだ。 一人暮らしなので買い物は生協に頼っているが、 「野菜だけは困らん」 というのが口癖だ。 といっても畑をしているわけではない。高齢の...
介護職

甘めの肉じゃが

利用者さんが彼岸に渡られた日は、その方をしのんで夕飯をつくる。 最後にお会いしたときシシトウを炒めていたMさんのときは、シシトウの炒めものを。 牛丼を喜ばれたTさんのときは、牛丼を。 「冷凍餃子が食べたいわ」と言っていたFさんのときは...
介護職

どうしても言わないといけないこと

家のことはもうイロイロありすぎて疲れたからちょっとお休み。 今日は気分を変えて仕事の話・・・利用者さんの話を。 私が働くデイサービスに通うSさん。 歌がとてもお上手なため、イベントではソロパートを任される『歌姫』だ。 そんな...
タイトルとURLをコピーしました