介護職

訪問ヘルパーとデイサービスのお仕事での話

利用者さん

花のもとにて春死なん

利用者さんちに犬がいる。 黒い雑種の中型犬。 名前はクロさん(仮名)。 最初の訪問では吠えられた。 2回目では 「また来たの」 って言われた。 3回目になると 「こんにちは」 としっぽをふってくれた。 「私はお客さん...
デイサービス

花が咲く

花は、それぞれ固有の音楽をもっていると思う。 同じ風に吹かれても、花びらの揺れるリズムが違うし、陽の光にきらめく角度も違うし、雨粒を受ける音も違う。 作曲家たちはそういう花の音を実際に聞いて譜面に写しているのだろう。 白木蓮が咲い...
介護職

お風呂コワイ

介護職だから仕方がないんだけど。 高齢者だから仕方がないんだけど。 訃報って、いつまでも慣れるもんじゃない。 仲のよかった利用者さんが亡くなった。 とてもしっかりした方で、独身を貫いた「シングルの先生」だった。 「人間はね、い...
スポンサーリンク
デイサービス

頑張れデイサービス

母がデイサービスのバスで帰宅したとき、職員さんが 「フィギュア見れましたよ」 と教えてくださった。 北京オリンピックのフィギュアスケート・男子シングルのフリー。 4回転半に挑む羽生結弦選手の出番を母は待ち焦がれていたのだ。 朝、今...
訪問介護

ヘルパーは無力だ

「もう死にたいわ」 と利用者さんが言った。 介護をの仕事をしていると、こういう言葉を受け取るのは珍しくない。 とくに訪問介護はお家の中だから本音が出るし弱音も吐きやすい。 体の痛み、病気の不安、経済的な苦しさ、人生がうまく運ばないも...
介護職

自分で紙パンツをはいてみた

ホームヘルパーの資格をとるための講義で 「紙パンツを履いて過ごし、感想を書く」 という課題が出た。 「利用者さんがどれだけ不快な思いをされているか体感してみましょう」 と先生は言った。 私は当時まだ20代。 実際に履いてみて ...
介護職

ほんのいっとき、借りてるだけ

訪問介護の利用者さんはおしなべて愚痴が多い。 「もうアカンわ」 とよく言われる。 体調のことだけじゃない。 「自分では何もできなくなってしまった。生きる価値もない。お荷物になるだけだ」 と。 そんなことないですと私は答える。 ...
デイサービス

じょうずにできたトラ

近頃、動悸がするんです。 なぜか心臓がドキドキしてるんです。 ドキドキ・・・ドキドキ・・・ 「これは・・・もしかして、恋?」 とか言ってたら 「それは更年期」 と母に言われました。 今週の私の鉄板ネタになりました。 ちく...
利用者さん

若い人たちに伝えたいこと

「わしはもうお迎えを待つだけの身だ」 と、90半ばの利用者さんが話しはじめた。 「そやけどあんたは違う。あんたはこれからずうっと生きていくわけだから。言うておこうと思うよ。あんただけやなしに今の若い人みんなに言いたいことやけど」 ・・...
訪問介護

訪問ヘルパー、ケアマネさんの襲来に怯える

私は料理が苦手だ。 苦手だが、与えられた仕事はこなさなくてはいけない。 ・・・訪問介護のサービスの中に「調理」という項目があるのですよ。 それで今日も必死になって食材と格闘していた。 必死すぎて脇目も振らない。 利用者さんの様...
タイトルとURLをコピーしました