深夜の嘔吐を防げ!

スポンサーリンク

近頃、母は嘔吐する。
原因はよくわからない。
吐くのはいつも決まって深夜である。
吐き気や噎せなどの前兆はない。
寝ている時の嘔吐は危険なので、近頃は私も母のとなりに布団を敷いている。

すると昨夜、草木も眠る丑三つ時。
ふっと目が覚めた。
なにか変だ。
母はおとなしく眠っている。
シシィも私のお腹の上で眠っている。
静かな夜だ。
静かな。
静か・・・?

耳をすませると妙な音が聞こえる。
あぶくがはじけるような音。
なんの音だろう?
どこから聞こえてくるのだろう?
眠い。
むちゃくちゃ眠い。
それでもなんとか目を覚まそうと、一生懸命に考えて。

次の瞬間、跳ね起きた。
布団をけとばす。
お腹のシシィもとんでいく。
介護ベッドのリモコンに飛びついて「頭あげる」ボタンを押しまくる!
急げ急げ急げ急げ!
「おかーさん起きて!」
一瞬、むせたのかもしれない。
何かもっと違う音を聞いたのかもしれない。
寝ぼけていたのでよく覚えていない。
ただ、母が嘔吐しかけていることはわかった。
間に合え、間に合え、間に合え、間に合え!

嘔吐する直前、上半身を起こすことができた。
母は吐きそうな声をあげたが、呻いただけで、何も出てこなかった。
かわりに
「ひっこんだ」
と呟いた。
どうにか間に合ったのだ。

これまで母は「なんの前触れもなく」吐くのだと思っていた。
だが熟睡してるだけで、前触れはやっぱりあったのだ。
あぶくのような、あの音だ。
きっと喉の奥で何かが起こっていたのだろう。

母はいつも、仰向けに「気をつけ!」の状態で寝ている。
直立不動である。
子供の頃から仰向けでしか眠れないらしく、寝返り不要なのだそうだ。

だが、仰向けも嘔吐の原因になるのかもしれない。
そう思って横向けに寝かせた。
いつも深夜の嘔吐は何度も続くのだが、そのあと一度も起こらなかった。

何がなんだかよくわかんないけど、ちょっとだけ勝ったような気がして、嬉しかった。
・・・おかげさまで私は今日も寝不足だ。口内炎早く治れ。

急に寒くなったので膝には猫が常駐するようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました