新しい楽しみ

スポンサーリンク

たまには介護と関係のない話を。

幼い頃から私は絵本を読まない子供だった。
幼稚園には絵本しかなくて
「絵がついてない、字ばっかりの本がほしい」
と先生に訴えた覚えがある。
絵本嫌いというよりも、文字が好きすぎたのだ。
マンガには文字もいっぱいあるから、やっぱり好きだった。
文字しか見てないのでキャラクターの見分けがつかないが、文字さえ追っていけばストーリーは分かる。

アニメは駄目だ。
絵ばっかりで文字が無い。
キャラクターの見分けがつかないので、話を追えない。わからない。
マンガは読むしゲームも好きだが、アニメだけは、どうしても無理。

と、ずっと思ってたんだけど!
昨年、コロナ渦の中、目覚めてしまった。
日々があまりにも退屈すぎてついにアニメを見られるようになってしまった!
・・・なんかこう、現実逃避がしたかったのよ。

最初に見たのが『進撃の巨人』。それから『鬼滅の刃』。『約束のネバーランド』と『ひぐらしのなく頃に』を見て、今は『ドクター・ストーン』というのをぼちぼち見ている。基本的にちょっと怖いのが好き。
相変わらずキャラクターの見分けがつかないので、
「これは炭治郎なのか富岡さんなのか?」
「リヴァイとコニー以外は誰が誰やら…」
てな具合だが、あんまり気にしないことにした。

洗い物をしたり洗濯をたたんだり、家事をしながら見られるから、アニメはマンガや小説を読むより簡単だ。ぐったりするほど疲れてる時もぼーっと休むことができる。

一言でいうと、めっちゃ楽しいねん。

サンジを襲おうと企むシシィさん

まさかこのトシになってアニメを見られるようになるとは思わなかったなあ。
人間、いくつになっても新たな楽しみを発見できるもんだな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました