店員さんに顔を覚えられるとき

スポンサーリンク

毎日のように通うディスカウントストアで、店員さんに
「お客様・・・」
と声をかけられた。
店員さんに声をかけられることなんて滅多にない。
(私、またなにか落とし物した?)
なんだかドキドキしていると
「お客様、このあいだの公報に出てましたよね!」
・・・ええ。先月、市から賞をもらったときの公報に。

副賞に楯をいただきました。シシィさんやめて・・・

聞けば、その店員さんも家族の介護をしておられるそうだ。
「励みになりました」
と喜んでいただけた様子だった。
介護してる人はみんな大変なんだ。
顔出しするのはとても恥ずかしいけど、そうやってを読んでもらえて、楽しんでもらえたら、やっぱり嬉しい。
すごく嬉しい。

それにしても、なんで私って分かったんですか?
マスクで顔隠れてるのに!
と問い返したら。
答えは簡潔。
「よく来て頂いてるので」
・・・はい。
コロナが流行るよりずっと前から毎日お世話になっております。

店員さんって客の顔をよく覚えてるものなんだなあ。
私ってもしかして、
「あの毎日チョコ買う人」
「たくさんお菓子を買う人」
「パウチのキャットフードをたくさん買うめんどくさい人」
とか覚えられてるのかなあ?
うわあ、恥ずかしいいいいいいい!!
でも明日もきっと行く。お菓子を買いに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました