母の退屈な日々

スポンサーリンク

最近、母は本を読んですごす日が多い。
仕事に追われているとどうしても家のことは後回しになって。
最低限の介護をしたあとは、本とテレビにお守りをさせてしまっている。
「大丈夫だよ、私はミステリーさえあればいつまででもお留守番できるよ」
と口ではいうが、いつだって刺激を求めている母である。
「夢のなかでバイオリンを弾いたの」
「遊びにいく夢をみたよ」
「レストランでお食事を食べようとしたら目がさめちゃった」
と毎日楽しい夢をみてしまうあたり、現実が退屈で退屈で死にそうなんだろう。

とはいえコロナでお出かけできないし、リハビリもさぼりっぱなし。
近頃は2人バイオリンをする余裕すらあんまりなくて。
すっかりへばっている私が一緒にできることといったら、せいぜい映画を見ることくらい。
「この映画、殺し合いばっかりでつまんない」
えええ、好みが合わないわ。残念・・・。

今日は一緒におにぎりを作ったけど。
いまいち、うまくいかなかった。
「今日は三角おにぎりばっかりになったねえ。俵が一つもないわ」
と母はこぼすが、三角や俵どころか、固形を保っているおにぎりは一つもない。
割れて崩れて崩壊してバラバラになった米粒たち。
おにぎりなのに箸が要る。
普通に茶碗も必要だ。
オヤジは黙って食べていたが。

家族が家にいるのでシシィは幸せそう

「こんどドライブに行こう。海をみにいこう」
と言い出してから3か月。
いつ海を見られるだろう。
・・・ごめんな、母。

コメント

タイトルとURLをコピーしました