ウィーンの観光馬車

ウィーンの旧市街には観光用の馬車が走っています。蹄の音をぱかぱかと響かせて…とても素敵です。
この馬車は「フィアカー」と呼ばれています。

・シュテファン大聖堂
・王宮(ミヒャエル広場)
・オペラ座の裏の広場

これらの場所に待機して、お客さんを待っています。20分と40分のコースがあり、主な見どころを案内しながらウィーンの街を一周してくれます。2016年の夏は40分で80ユーロでした。

そのへんで待機している普通の馬車に乗り込むには、ステップをのぼらなくてはなりません。車椅子まま乗ることは難しいです。が、ウィーンにはバリアフリー馬車が存在します。

スロープで乗り込める馬車です!

バリアフリー・フィアカー

バリアフリー・フィアカー

4席あるうちの2席を畳んで車椅子席にしてくれます。そのため付き添いは2名まで。幌がありますが、残念なことに車椅子までは届きませんでした。石畳の道をがたがたと走るので、揺れが大きく、姿勢がくずれてきそうになってました。座位保持がんばってください。

興味のある方はこちら!→車椅子フィアカー

予約はメール、英語で大丈夫でした。