定年後のオヤジに打つ手なし

  • 6月末に会社を退職したオヤジ。
    再就職のあてもなく、一日ずっと家にいる。
    退職前までは
    「ようし、これからが第2の人生だ!」
    とか言うてはいたけれども。
    実際に始まってみると何もしない。おしなべて定年後の男性というものは、みんなそうらしいのだが・・・びっくりするほど何もしない! まあ、昔から自分のことは何一つできない人なんだけどね?

自力で起きてくることもなくなったし
自力で薬も飲まなくなったし(目の前にセットして3回以上ヤイヤイ言ったら飲む)
私が何もいわなければ下着も替えないしシャワーも浴びない。
服もモノも散らかしっぱなしの食べっぱなし!
以前よりずっと手がかかるようになった・・・。

もちろん、家事は何ひとつしてくれなくなったし
もちろん、料理なんかこれっぽっちもしない。

「男性には仕事(役割)を与えたほうがいい」
とよく言われるけれど、うちのオヤジにはぜんぜん効かなかった。
「やりたくない」
「苦手や」
「そんなん、おまえがやってくれ」
・・・全拒否である。
褒めてもおだてても何一つ効果はない。とにかく何もやりたくないのだそうだ。
母のことだけは頼めばやってくれるけど、5分くらいで忘れてしまって母を放置(自分は昼寝)しちゃうから、怖くて頼めない。

今のオヤジは、ただ、ひたすら。
ただただひたすら、テレビを見ている。
朝から晩までテレビ見ている(おかげで私が見られない!)。
チャングムか何か古い韓流ドラマを12時間くらい見っぱなし。何も見るものがないときはCMとかショップチャンネルとかをぼーーーーーーーーーーーっと眺めてる。まるでゾンビのようである。重い腰を上げるのは、タバコを吸うときと、病院に行くときだけ。外出に誘ってものってこない。

テレビの見すぎで目がうつろになってきて、曜日感覚もなくなり、今日なんかトイレ流すの忘れるくらいボーっとしてた。最初のうちは「退職したばかりだし仕方がないかな」と思ってた。病気もあるし。
だけどトイレ流すの忘れるくらいボーっとしちゃうのは、さすがに危なくない?

生活不活発病、廃用症候群の話はもう昔から何度もしている。
だが、昔から一貫して
「それで何か問題でも?」
という反応しかなかった。
趣味をもったほうがいいよ、という話も母が元気な頃からしていたが、当時から今に至るまで
「俺には競輪がある!」
と博打以外なにも興味を示さない。博打なんてお金があるからできたわけで、収入がなくなったら、もう古い韓流ドラマを見るしかやることがないのだ。ちなみに母も私も韓流ドラマは苦手なので一緒に感想をのべてあげることもできない。

あんまりにもぼーっとしてるから心配になって、体は大丈夫なのかときくと
「大丈夫。元気」
としか言わない。
何かやりたいことはないの?
「ない」
行きたいところはないの?
「ない」
友達は? 友達いないの?
「いない」
えええ・・・1人もいないの? まじで?
「まじで」
それって、人間としてあんまり大丈夫じゃなくない?

このままだと歩けなくなっちゃうよ。
「いいねん」
寝たきりになっちゃうよ。
「かまへん」
テレビ見てるだけで一生が終わっちゃうよ?
「うん、いい」
いいのかー。
どうしよー。
これはもうダブル介護の日も近いなー。
定年後の男は悲惨だと話には聞いてはいたが、想像以上だな!

ちなみに医者からは「毎日2リットルの水を飲め」と言われているのですが、700mlか、せいぜい1リットルしか飲めてません…
「氷でキンキンに冷やさないと飲めない」
と言って、冷たい水を飲みすぎてお腹こわしたのもあるけど、なによりも面倒くさいみたいです。もちろんタバコは「ドクターストップなんてくそくらえ」だそうです。

オヤジが猫だったら何をやっても「可愛い」と言ってあげられるのになあ

以前、図書館やショッピングセンターのソファで一日中座ってるおじさんを見かけるたびに
「気の毒に、どこにも行く所がないのか」
と思っていたものだが。
あの人たちはまだマシだということがわかった。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
日記
猫とビターチョコレート

コメント

タイトルとURLをコピーしました