嫌な時間!

先月、オーストラリアから一時帰国した妹と3人の子供たち。一か月の長い夏休みを日本で過ごした。ディズニーランドへ行ったり、買い物をしたり、みんなで温泉に入ったり。

遊びだけじゃない。家事も手分けしてやってくれた。入院した母の見舞いにもいってくれた。足湯を手伝ってくれたり、服薬を応援してくれたり、猫にごはんをあげたり、お風呂掃除してくれたり、一緒にバイオリンを弾いてくれたり・・・。

それもとうとう最後の夜となった。
明日にはオーストラリアへ帰ってしまう。
私はこの時間が一番嫌いだ。
最後の洗濯。
最後のアイスクリーム。
最後のアニメ。
そして、一緒に食べる最後の晩ごはん。
・・・せつなすぎて、ちょっと嫌になる。

たとえば2日とか3日なら、こんなふうにならないだろう。ただの短い帰省なら。でも一か月は長い。ちょっとした引っ越し騒である。家族がいなくなるのはつらい。

次の冬にはきっとまた会えるだろう。
けれどやっぱり、母はむちゃくちゃ落ち込むのだ。
すでに
「明日の夜にはもみんないないのね」
と泣いている。
どうやって気分を上げていけばいいかなあ。
あと・・・猫たちも。

洗濯物をたたむ龍ちゃんを見守るサンジ兄さん

サンジは毎日必死で子守をしたし、シシィは毎日夢中で遊んでた。
子供たちが行ってしまったら
「どうしてあの子たちは帰ってこないの?」
と心配して探しまわるんだろうなあ・・・。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
日記
猫とビターチョコレート

コメント

  1. こんばんは。
    御無沙汰しております。

    だださんの気持ち、私もわかります。
    さみしいですよね。
    私は遠くからですが、だださんを応援してます。
    一緒に強く生きましょう。

    • 優しいお言葉、ありがとうございます。
      一ヶ月も楽させてもらったので、いろんな意味できついです。
      まあ元の生活に戻るだけですから母もすぐに慣れるでしょうが・・・
      介護におけるマンパワーって大事ですね。
      強くなります!