我が家の宣伝部長

雪国の皆様、ご無事でしょうか。
我が家の庭では梅が咲き始めています。
日本全国にはやくはやく春がやってきますように!


(一輪だけフライングで咲いちゃった紅梅)

先日完成した、私の本。いちばん喜んだのは母である。いちばん先に読んでいるのも母である。見本に送られてきた本を、オリンピック中継の合間をぬって、毎晩ちょっとずつちょっとずつ読み進めている。

母は電子書籍版も3回くらい読んでいるうえに、校正中のも読んでもらった。だけど記憶障害があるから、すぐに忘れちゃう。何回読んでも「ほぼ初めて読む本」になるから
「おもしろいねー!」
と毎回、楽しんでくれている。
しかも過去のことはまったく覚えていないから
「へえー私が病気したときは大変だったのね」
「私こんなに変なこと言ってたの?」
「こんなことがあったの!?」
と毎回、驚きまくっている。
幸せそうである。

そんな母は、頼りになる宣伝部長。
なにしろ顔が広いのだ。昔は携帯のアドレス帳がパンパンになっていた。付き合いが激減した今でさえ私の30倍くらいは友人・知人がいる。しかもデイサービスにも4カ所通っている。そんな母が
「本、あちこちでいーっぱい宣伝してくるよ。だって、わたしが出てくる本だもんね!」
と言ってくれている。頼もしい!


(シシィは母の肩を温める係です)

発売日まで、あと1週間ですが…皆様のお手元に届くのはいつくらいになるのかなー。

ランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
日記
猫とビターチョコレート

コメント

  1. 本予約しました!
    とても楽しみです‼️
    私はお母さまと同じ世代です。
    今の所健康ですが、いつ何時どんなことが起きてもおかしくない歳です。
    介護をしてくれる娘も居ません!
    最後まで自力で何とかするのは不可能でしょうね!
    だださんのお母さまが、少し羨ましかったり…(⌒-⌒; )

    • ご予約ありがとうございます!
      私自身は独身なので将来はひとりぼっちの老後です。
      ほんと母がうらやましいなあ(笑)。