博物館のホネ

今日はお天気が不安定だったので、母を連れてのお出かけは、博物館へ行った。我が町にたった一軒だけある博物館だ。

学生は無料だから昔はしょっちゅう通っていたのだけど、大人料金になったとたんに行かなくなった。だから今日、
「入館料は2名様で100円になります」
と言われてびっくりした。安く遊べるって素晴らしい。

自然史博物館なので、展示物は木か石か骨だ。展示方法はいろいろ変わっていたけれど、石や骨は学生時代の頃のままだった(あたりまえだけど)。


(恐竜の化石)


(マンモスさん!)


(マンモスさんのお尻!)

展示は3階まであるのに、母は1階を見ただけで
「もう疲れた」
と言い出した。
恐竜ではなく子供たちに圧倒されたらしい。遠足で訪れた元気いっぱいの小中学生があたりまえのことを叫んで走りまわてった。
「骨ーー!」
「石ーーーー!」
「ガイコツーーー!」
「木ーーーーーーーー!」
そうだね。木だね。ほかの名前も書いてあるからちゃんと読みなさい…。博物館の展示の解説は、もうちょっと易しく読みやすくするべきだと思った。

本日の猫写真。
「何か乗ってる~どけて~!」
と母が叫んでる写真。

で、こんな呑気なこと書いてる場合じゃないのです!
実はさっき見たら、母の唇が腫れあがってた! 漫画みたいなタラコ唇!

下唇の皮をむいちゃったところにばい菌が入ったらしい。とりあえずイソジンで消毒してみた。明日は朝から仕事だし、皮膚科へ連れていくのは夕方になる。ぜんぜん痛くないらしいんだけど大丈夫かな…。

コメント

  1. お母さまへ、お疲れさまでした。
    現代のお子さま方は、博物館で走るまわるんですかい。
    古いやつとお思いでしょうが、私世代には考え
    られないことですわい。
    今や一人前、いや一猫前のシシイちゃんは、すんごく
    重そうに見えます。

    唇の腫れ、悪化しませんように。

    • 博物館は、触ったり遊んだりできるタイプのいわゆる「体験型」なんです。
      だから見学者のほとんどは子供。
      小学生さんたちは集合時間が迫っていたようで、みんな大急ぎで駆け抜けていきました。
      シシィがいっぱいいるみたいでしたよ(笑)。
      おかげさまで唇の腫れはちょっと落ち着いてきたようです。