子供が好きすぎる猫たち

サンジの薬をもらいに動物病院へ行った。
「寒くなりましたが体調はどうですか」
と訊かれた。
・・・今ひとつです、寝不足がたまっているようで、と私は答える。
「お正月疲れですか?」
・・・ええ、親戚の子供がいるもので。
「それはストレスがたまりますね。猫さんは子供が苦手な子が多いものですから」
・・・いえ逆です。
子供たちが好きすぎて、ついつい遊びすぎちゃうんです。
「それじゃあ仕方がないですね」
お医者さんは笑っていた。

サンジもシシィも、昔にいたアジャリも。うちの猫たちは姪っ子たちが大好きだ。逃げるどころか子供たちのそばを離れない。5才の龍ちゃんがどんなに暴れてもサンジは平気で膝にのる。シシィは椿にごはんをもらい、梅ちゃんにおやつをもらう。そんなだから、ついつい昼寝を忘れて遊んでしまうのだ。

子供たちが出かけるとき、シシィは窓から寂しそうに見送っている。後追いして鳴いたりもする。
私はシシィにきいてみた。
「あの子たちのこと好き?」
するとシシィはまばたきをした。両目をキュッと細めて、ゆっくりと開く。
「ほんとに好き? やんちゃ坊主の龍ちゃんも好き?」
シシィはまた反応した。『龍ちゃん』という言葉に目を見ひらき、それからゆっくりと目をつぶった。
「だいすき」
って言ってるんだと思う。

ちなみに近頃のシシィのマイブームは「布団掘り」。布団をぐっちゃぐちゃにしながら犬のように掘りまくっている。畳を掘り返してボロボロにした前科があるシシィだ。じきに羽根布団にも穴があくことだろう。ほんとやめてほしい。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
猫とビターチョコレート

コメント

タイトルとURLをコピーしました