大好きなお兄ちゃんにキスを迫るにゃんこ

1才のシシィと9才のサンジは、年の差にもかかわらず大の仲良し。

シシィ「あたしはサンジ兄ちゃんが好き。大好き!」

シシィ「あたしたちは愛し合ってるの。だからチューするの!」

サンジ「えっ!?」

 

サンジ「や、やめろーー!」

 

シシィはサンジを抑えつけて顔をペロペロなめようとしたのですが、迫られたサンジは猫キックを一発。シシィの顔にヒットさせました。

ところが、この後。

シシィ「・・・・。」

サンジ「・・・・。」

どういうわけか2匹ともこのポーズのままフリーズ。なんで動かないのかなって思ってたら、2匹とも寝てました。顔面に蹴りを入れられたままウトウトしているシシィさんと、蹴り入れっぱなしで寝ているサンジ君。

猫ってほんとに何考えてるのか全然わかりません。

※ちなみに、今日の2匹が暴れているのも、やっぱり母の足の上です。
「2匹とも、邪魔ー!」
母が吠えています。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
猫とビターチョコレート

コメント

  1. 今や、映画のタイトルじゃないけれど、愛と戯れの日々
    ですね。
    すんごくイイ感じ。
    シシイ台風が襲来した頃のサンちゃんの体調や台風姫に
    押されっぱなしの日々を思うと、
    あれはみんな幻だったの? と思っちゃいます。

    昨日のおなかに8キロ、それは重いっ!
    お母さまも、堪忍袋の緒を切らそうというもの。
    うち1匹のみでも、ずーっと乗っていられると
    シンドクなります。

    • 台風姫(笑)たしかにシシィは恐ろしいばかりの大嵐でしたねえ。
      大人になって体重が増えたせいか、動きはかなり鈍くなりました。
      性格も淡白というか、キツいタイプではないので、サンジともうまくいってよかったです。
      ただちょっと太りすぎですね…。