疲れた一日

今日は施設にいる妹が久しぶりに帰宅した。これまでは毎月2回くらいは帰宅させ、家に泊まったり遊びに連れていったりしていたのだけど、私が働き始めたのでそうはいかなくなった。正月以来一カ月ぶり、しかも朝迎えにいって夜には帰るという「日帰り帰省」だ。

もちろん「日帰り」の件は施設に伝えてあったのだが、伝達ミスがあったらしい。迎えに行ってみると、施設の人たちだけでなく妹本人までもが「1泊2日」だと思い込んでいた。

妹は落ち込んだ。
「なんで日帰りなのよーーー!!!!」
訂正、怒り狂った。
「あたしはお家で寝たいのにーーーー!!!」
なんでって、私もオヤジも仕事があるからだ。私の休みは日曜と水曜、GWとか関係ない職種だし、当分、連休はとれないよ。

・・・よくさあ、
「話せばわかる」
とか言うよね。
「たとえ小さな子供でも話せばきっとわかってくれる」
って。
残念ながら、それがわからないのが知的障害だ。妹の脳みそは小さな子供どころか赤ちゃんのまんま。

「おねーちゃんは仕事に行くので、次からは日帰りだからね」と去年から100回くらい説明してるけど理解してくれない。
「そんなこと関係ないでしょ! 私はお家に泊まりたいの!」
今日の妹は荒れに荒れた。いつも以上にワガママ放題でものすごく、ファミレスでも1回だけ奇声をあげてしまった。周りのひとごめんなさい…。

妹は、猫のシシィとちょっと似ているところがある。私たちのことを、なんでもいうことを聞いてくれる下僕だと思ってる点だ。人のことを平気でコキ使いまくるし、ありがとうとかごめんなさいは一言だっていわないし。

たとえば私がオムツ交換をしている真っ最中に
「コーヒー!」
とか命令する。
「早くコーヒー!」
いや待って、今あんたのオムツ替えてるんやから無理やろ!? 同時にはできへんで。
「そんなの知らないよ、早くして」
無視するとゴジラみたいな奇声をあげる。
「ぎゃああああああああ!」
お前ほんまに人間か?

そりゃあ、たまにしか会えないから甘えたいんだとは思うよ。でも限度ってものがある。家族だからって、どうしてこんな下僕扱いに耐えなくちゃいけないんだろうか? …耐えられないから施設に入れたんだけどね。

でも、そんな人間ばなれした妹でも笑うと可愛いんだから困ってしまう。施設から初詣に連れていってもらったそうで、神様にお願いごとをしてきたという。『お家に帰れますように』とか『もっと遊びにいけますように』だったらどうしようかと思いつつ
「どんな願い事?」
と尋ねたら、妹はすっごい笑顔で教えてくれた。
「イケメンに出会えますように!」
あんたのワガママとヒステリーと重複障害を受け入れてくれる、ウルトラマンみたいなイケメンが現れてくれたらいいのにね。

妹のおかげで今日は疲れたので、ちょっとお高いチョコレートを買いました。
これ、すっごく美味しい!!!

さて、本日の猫写真。昨夜、2匹が追いかけっこしてたんです。サンジに追いかけられたシシィがトンネルに飛び込みました。でも、いつまでたってもシシィが出てこない。あれ? と思ったら、シシィはトンネルの中でうとうとと・・・。

トンネルのそばで見守るサンジ兄ちゃん。体は大きくなっても、シシィはまだまだお子様だよね。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. イケメンで良かった!
    イケメンと出会えるかどうかは御賽銭しだいですかね。

    • そういえばお賽銭、いくら入れたのかきかなかった。
      お小遣いから出したのだろうからきっと10円かなあ。
      安っすいイケメンと出会えることでしょう。