オヤジの焼きそば

昨日、オヤジに認知症のテストをした。長谷川式。全部はできなかったから点数は出せないんだけど、なかなか酷かった。

1)何歳ですか?
「70才」…これは正解。
2)今日は何年長月何日ですか?
「1999年の11月。日付と曜日はわからない。」…まさかの前世紀だよ。
3)今いる場所はどこですか
「家。兵庫県。三田市。」…正解。
4)これから言う3つの言葉を覚えてください。梅・犬・電車。
「梅・犬・電車ね。了解」
5)100から7を引いていってください
「えーえー、93。えーえーえー、ナンボ引くんやっけ?」…忘れるの早っ。
6)先ほど覚えてもらった3つの言葉は何でしたか?
「・・・・」全滅!ヒント与えてもダメだった。なんも出てこない。
7)知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。
「えー、えー、にんじん。きゃべつ。えー、にんじん。にんじん」人参が好きすぎた。

70才にしては出来が悪すぎる。
どう見ても認知症でしょう!

・・・でも、前からなんだよね。
ずっと昔にバラエティ番組で「認知症テスト」を特集してたときも、オヤジ一人で引っかかってた。
それだけじゃない。
ネットで見かけた「大人の発達障害・セルフチェック」をいくつかやってみたら、見事に引っかかる。

考えてみれば、風呂にも入らない下着もかえない歯もみがかない顔も洗わない、それで平気なんておかしい。
また、自分の部屋の片付けをしようと試みたとき、散らかった部屋で1時間ちかくも腕組みをして考えこんでいたこともある。
「どうやって片付けたらいいか、方法がわからない」
やり方がわからないのだ。他にも、ものごとを順序だてて考えることが難しい人なんだと思うことが多々あった。
でも、これはごくごく若い頃からの性質で、認知症とは関係がない。

そういえば、生活不活発病もある。生活不活発病による鬱状態から、認知症に似た症状が出ることもあるのだ。それに心臓の病気のこともあるし、いろいろ身体の不調も重なっている。

つまり、もう。
何がなんだかわからない。
とにかく今のオヤジはボケボケである。

ボケボケのオヤジは今日、ものすごく久しぶりに台所に立った。夕飯に焼きそばをつくってくれた。。オヤジが自分から動いてくれたのはすごく久しぶりだったから嬉しかった。ちょっとコゲてたけど!

オヤジは元々がダメダメだし、今はもうボケボケだけど、なんとかしようと思って頑張ってる。それが伝わってくる焼きそばだった。がんばれオヤジ。とりあえず風呂に入れ。

私の邪魔をするのに全力なシシィさん。お尻はPCに乗っている。

ちなみに、母にも同じ認知症テストを受けさせたら、驚くほどスラスラ答えていた。令和元年も言えたし、計算も問題なかった。記憶問題は1つしか答えられなかったけどヒントを与えたら思い出した。「魚の名前をできるだけ挙げて」という問いには
「コイ、フナ、マグロ、ブリ、イワシ、アジ、サケ・・・」
どこまでも言えた。
なんなら私よりたくさん言えた。
「母の高次脳どこいってん」
と思った。頼もしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました