母が床に転がってしまった

夕飯に魚を焼いていたら、オヤジがおずおずとやってきて
「あの、ちょっと、助けてくれ」
と言った。
何? 今、忙しいんだけど。
「かあさんが、寝てもうて、起きへんねん」
えー、こんな時間に寝ちゃったの? 起こしてよ。
「そうじゃないねん」
オヤジは何か言いたげに焦っている。うまく言葉が出ない人なのだ。
・・・もしかして、おかあさんの様子がおかしいの?
「うん」
眠っていて起きない?
・・・脳梗塞だろうか。
イヤな想像に寒気が走った。

「おかあさん、大丈夫っ!?」
塩焼きを放り出して母の部屋へ駆け込んだ。
母は、床の上でのびていた。そして顔だけ起こして
「たすけてえ~!わははは」
と笑った。
「ずるずるーっと滑っちゃって!」
言葉の下手なオヤジより、母のほうがよっぽど雄弁である。
どうやらオヤジが母をトイレにつれていこうとしたらしい。で、ベッドから車椅子への移乗に失敗した。ケガはないが、床に寝そべってしまって起き上がれない。
「寝てもうて、起きへん」
というのはそういう意味だったのか。

かつて
「自分で起き上がれない人が床に落ちたときどうすればいいか?」
という問題をヘルパー研修でやったことがある。
答えは
「無理せず助けを呼ぶこと」
だった。
なんてのんきな答えだろうと思ったものだ。ヘルパーさんが羨ましい、とも。

これまでにも同じことは何度もあった。これまではオヤジと2人で母を持ち上げていた。だがもうダメだ。すっかり身体が弱くなったオヤジは、立ってるだけでフラフラで、まったく頼りにならない。まして今は母を落としてしまったショックでパニックに陥っている。

ここは私ひとりでなんとかしよう。

私には勝算があった。こういうこともあろうかと、動画を見たり、ヘルパーの先輩に話を聞いたり、前々から頭の中でイメージトレーニングを重ねてきたのだ。とはいえ、無理は禁物。私がギックリ腰になったり、母がケガをしては元も子もない。慎重に、ゆっくりやろう。

まずはベッドの高さを下げる。介護ベッドは有能である。
それから母の向きを変え、ベッドにもたれるようにして座らせる。
私はベッドに上がって後ろから母の両脇を抱え、
「いち・にの・さん!」
と声をかけ、後ろから引っ張った。
するとテコの原理?なのか、60キロの母の身体は案外するりと持ち上がり、ベッドの上に座ることができた。ああ、よかった。

落ちたのがベッドサイドなのは幸運だった。トイレだったら、かなり面倒なことになっていただだろう。動画などでは胡座をかく方法が多いが、母は麻痺があるし股関節に問題があるため無理だった。

だらり~ん

そういえば前述のヘルパー研修で
「利用者さんの体重が40キロくらいなら、お姫様だっこで持ち上げます」
と答えたら上司に却下されたっけ。

私は妹を抱っこで移動できるし、母の車椅子で砂利道でも玄関の上がり框(段差25センチ)でも上がっていける。これは力ではなく長年培った「慣れ」の技術だと思う。

もちろん油断大敵だけど、無理は禁物だけど! 慣れは在宅介護の大きな味方だ。慣れなくてはいけないことがいっぱいあるのだ。オヤジに頼れなくなったので、ちょっとくらいのトラブルは自分ひとりで乗り越えられるようにもっと慣れなくてはいけないと思った。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. それは大変でしたね。
    男って肝心な時に一番浮き足立っちゃって、あまりアテに出来ません。
    いや、世の中には頼りになる男性も存在する筈なんですが、少なくともウチは亡きじじ様も夫くんも「大変だ、大変」「とにかく大変だから来て」と要領得ないし、現場に行けばウロウロオタオタするばかりでした。
    施設では大勢の利用者さんを相手にしますから、基本、複数対応で、お姫様抱っこなんかトンデモナイんでしょうが、自宅の場合、介護人は一人ですから、自分だけでとにかくどうにかするしかありません。
    着衣掴めれば結構引き上げられますが、ウチはポータブルトイレ移乗の際、ずり落ちてた時は掴もうとしても尻丸出しで往生しました。
    尻下に座布団差し込んで高さ取ろうとしても、擦れるので痛がってダメで、結局、マニュアルでは一番NGな抱え上げでやるしかなかったですけどね。
    知人も、トイレで貧血起こしたおばあちゃんを背負ってベッドまで連れて行ったって言ってました。
    できる出来ないじゃなくやるしかないってことですね。

    • .男って肝心な時に一番浮き足立っちゃって、あまりアテに出来ません。
      本当に…母が倒れたときに一番痛感しましたね。
      3ヶ月くらい「どうしよう」しか言えなくなってました。
      仕事だと、事故になったら訴えられる危険もあり、下手は打てないんですよね。
      でも家族だと他に頼れる人もなく。
      一番NGなやり方で、他にどうしようもないですよね。
      >できる出来ないじゃなくやるしかないってことですね。
      そのとおりですね。火事場の馬鹿力に頼るしかないです。
      そのためにもっと技術を身に着けなければと思います。

タイトルとURLをコピーしました