母の誕生日

誰だって「今日は何曜日?」ときかれても、パッと出てこないことがある。毎日変わるからわからなくなるのだ。

記憶障害のある人にとっても同じこと。しょっちゅう変わるものはどうしても覚えられない。
年齢もそう。
うちの母も昔は
「私はもう90才」
と言ったり
「65才」
とサバを読んだり、かなりむちゃくちゃだった。
近頃はあまり間違わなくなっていたけど、誕生日がくるたびにややこしくなっていた。
「やっと70才を覚えたのに、もう変わったの?」
てなもんだ。新しい年齢に慣れるのにずいぶんかかった。

ところが今年はひと味違う。
朝一番に「誕生日おめでとう」を言ったとき
「私、72才になったんだよね?」
教えないでも正しい年齢をちゃんと知っていた!
すごいね!
「そんなの当たり前じゃないの~」
言いながら母は嬉しそうに笑った。

母は本当にこの半年でずいぶんしっかりした。会話なんかほぼ昔どおりと言っていい。海外に住む妹たちが帰国してきたら、びっくりするだろうな。

本日の猫写真。

「ねーねー遊ぼうようー」と言っています

スリスリするときはこの笑顔。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. 私も、自分の年齢が分からなくなります。たぶん、と断らないと年齢が言えない( ´艸`)

    • まあ、私もそうですね。「年齢なんて数字に振り回されないで生きたい」とか言ってみます。

タイトルとURLをコピーしました