お尻ふき作り

日曜日。
なんの予定もない日曜日。
お休みだーーーーー!

母も私もゆっくりできるのが嬉しくて
「今日はなんにもしないでボーっとすごそう」
と決めた。
ボーっと。
ボーッと。
ボーッと。
「・・・ボーッとしすぎて、しんどくなってきた」
と母は言った。
何もしないでいるのって、なかなか、つらい。

まあ私は家事をしなくちゃいけないからボーッとし続けるわけにはいかない。洗濯、掃除、ごはん、介護、それからもう一つ。
暇な日にしかできない仕事をやった。
「お尻ふき作り」である。

古くなったTシャツとかタオルとか、もう捨てるようなボロ布を手頃な大きさに切って溜めておく。それをお湯で濡らしたりしてお尻ふきとして使うのだ。もちろん市販のお尻ふきやペーパーも使うんだけどなるべく肌に優しいほうがいいから。それに、どうせ捨てるのなら使いきってから捨てたいし。

日頃から溜めこんでいたボロ布をビリビリと手で引き裂いたり、ちょきちょきとハサミで切ったり・・・動画で気を紛らわせながらやってたんだけど、おもしろくもなんともない作業である。そうこうするうちに日が暮れた。
「貴重な休日がお尻ふきをつくって終わってしまった…」
なんとなくせつなかった。

次の休みには違うことをしよう。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. 使い捨て雑巾と思えば
    心は楽でしょうか?笑
    私も主人の母が作っていましたので、綿の下着(紳士用がいいですね)を
    チョキチョキしています。
    お母様、無理しないでくださいね
    あずきの力、チンして肩に載せると楽かもしれません。

    • いや~あのチョキチョキが面倒で(笑)
      手先の仕事してると凹むんですよ…不器用だから…
      紳士用の下着は肌触りがいいですね。

      あずきの力、知りませんでした。
      繰り返し使えるんですね。
      看護師さんにもホットパックをすすめられましたので、こんどやってみようと思います。