深夜のプチ修羅場

ぐっすり眠っているところにスマホが鳴った。
着信画面は「母」。
母がスマートスピーカーをつかって通話してきたのだ。
「吐いちゃった、助けて!」
一気に目が覚めた。

私の寝室は2階、母は1階。
階段を駆け下りてとびこむと母は
「ああごめんねえ、起こして。悪いけど着替えさせてくれない?」
と言った。
吐いたのは少しだけでパジャマの襟が濡れた程度。体温も血圧も問題なく、今は吐き気も何ともないという。
だが問題なのは嘔吐じゃなかった・・・下痢だった。
ちょっとものすごいことになっていて、パジャマどころかシーツも何もかも交換しなくちゃいけなかった。プチ修羅場だった。

吐き気の原因ははっきりしている。
本人が
「むせて、咳がいっぱいでて、吐いちゃった」
と言っていたから。
ここ1年くらいなかったけど、まあ「いつものやつ」で問題ないだろう。

下痢の原因は、薬だろうと思う。
母は常に便秘気味のため、便をやわらかくする薬をのんでいる。薬の量は毎日調節しているのだが、間違えるとすぐお腹をこわすから、きっとそのせいだろう。悪いことが重なったのだ。

すべてを綺麗にして、母のとなりに簡易ベッドを広げ、再び布団に入ったのは5時だった。もうすぐ起きる時間だ。やれやれ。

久しぶりの下痢が堪えたせいか、寝不足のせいか。
母は朝になっても起きることができず、デイサービスもお休みして一日中ゴロゴロしていた。
おかげで私は、仕事と家を行ったり来たり。
ぜいぜい言いながら母をみてた。疲れた。

仕事と家事のあいまに猫休憩。遊んでほしいミー先輩。

夜になって
「頭が痛い」
と訴えだしたので風邪かなあとも思う。
体がだるいせいか、立位がうまくできないので、トイレ介助がとにかく大変だ。
明日はオヤジと2人で留守番をさせることになるかもしれない。オヤジもオヤジだからちょっと心配である。
・・・明日元気になあれ!

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. お母様にお試ししてみて下さいね
    お薬ではなく、夕食後ぐらいにプレーンヨーグルトにきな粉を入れて蜂蜜を少し、これで便秘解消します。
    私の頑固なのでも、どんな便秘薬でも効き目が無いぐらいのでも治りました。最近はヨーグルトを食べるのを忘れても腸内環境がいいみたいです。

    • おお、ありがとうございます!
      ヨーグルトと蜂蜜は昔やってました。
      でもきな粉は思いつかなかったですねー。
      やってみますね!

  2. これから、大パット+紙オムツとしたらどうでしょう。お疲れ様です。

    • そうですね、まったく立てない時はオムツのほうがいいですね。
      ありがとうございます。