時代の速度についていきたい

今、デイサービスや訪問の仕事で20~30人の方とお話させてもらってるんだけど。
要支援の方のなかには、スマホを使いこなしている方が数人いらっしゃる。
すごく嬉しそうに
「LINEで送ってきたから見て!」
とひ孫さんの写真を見せてもらったこともある。
「もう自分では買い物に行けないから、こういうのが便利なんだ」
とタブレットでネットショッピングをしている方もいる。
いろいろ、すごい。

そろそろ老健でWi-Fiが使えたりするのかな。
そのうち、遠方にいる家族とVRで面会するようになるのかな。
ベッドに寝たきりだけどアレクサに一声かければたいてい大丈夫、ってなるのかな。
でも危険も伴うから、高齢者用のフィルタリングとか機能制限も必要になるだろうな。

・・・時代はどんどん進化していく。時代の波についていくのは大変なことで、私の年代でもすでに「新しいモノはよくわからない」「ガラケーで十分」「昔はよかった」という意見をたまに聞く。年齢に関係なく、時代の速度についていけなくなることは、ある意味、老化なんじゃないかと思ったりもする。

年をとって病気になったり体が動かなくなったりしたときに、新しいモノを使えたほうが絶対に便利だし、楽しみの選択肢も増えると思う。孤立化も防げるかもしれない。
なんとかついていけるように、取り残されないように、頑張るぞー!

本日の猫写真。

サンジが、遊ぼう遊ぼうと追いかけまわすので、
「うざい!」
と怒ってるシシィさん。
サンジ君のほうがだいぶ年上なんだけどねえ…サンジ若いよね…。

ランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント