施設のエレベーターが壊れていた

先日、病院のエアコンが故障して入院患者が…というニュースがあった。
同じ頃。
私は妹が暮らす施設をおとずれた。ちょうど妹の誕生日だから家で祝ってやろうと、迎えにいったのだ。妹にとっては月に一度の外出日というわけ。

「元気だった?」
「うん!」
「じゃあ帰ろうか」
「うん!!!」

その施設は2階建てで、1階に風呂やリハビリ室があり、2階が居室となっている。私は妹の車椅子をおしてエレベーターで階下へおりようとした。
だがエレベーターが来ない。
なかなか来ない。
待っても待っても来てくれない。エレベーターは一基だけなので待つしかないのだが、そのうち職員さんがやってきて、
「故障しましたー!」
と言った。
「さっきまで動いてたんですけど、エレベーターの扉が急に動かなくなっちゃって。修理には時間がかかりそうなんです」

ええー故障ですか。
それは仕方がない。
家に母をひとりで留守番させている(お昼寝中)のでそう長くは待っていられない。
どうしようかなあ。
と思ってる間に職員さんが
「人力でいきましょう!」
と言って人を集めてくれた。

かくして男性2人で妹を、女性3人で車椅子(チルトリクライニングのでかいやつ)を担いで階段をおりてもらった。当然かもしれないが皆さん手慣れているのであっという間だった。昼間だから人がいたけど、夜間なら・・・ムリだったかも。

おかげで妹は無事に帰宅することができ、キーキーギャーギャー叫びつつも、母や猫たちに誕生日を祝ってもらって過ごしたのだった。

わざとテレビを隠すサンジ君。これをやるたびに妹が「見えなーい、ギャー!」ってめっちゃ叫ぶんだけど猫は平気みたい。

夜、妹を施設に帰したときには、エレベーターは修理が終わっていた。

機械は故障するものだ。施設はすでに老朽化している。高価なものだし、ぎりぎりでやってる施設だから、エレベーターなんてそう簡単に付け替えることはできないだろう。

悩みはきっとどこも同じだ。それだけに、フォローの仕方が問われるのだと思う。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. お疲れ様です。
    機械化推進ですが、常に点検や修理が必要で、古くなれば必ず壊れる。
    その度に直して行く。
    人材確保も悩みですよね。
    腰の軽い職員さんが集まって良かったです。
    妹さんも安心して暮らしていけますね。。
    お誕生日おめでとうございます。。