ブレーメンの音楽隊って、結局…?

デイサービスでグリム童話の『ブレーメンの音楽隊』を読んだ。グリム童話なんて久しぶりに読んだのだが…

こんなにも現代に通じる話だとは知らず、すごくびっくりした!

グリム童話、皆さんは覚えてますか?

そもそも『ブレーメンの音楽隊』とは・・・。

年をとって働けなくなったロバが、飼い主から
「ごくつぶしめ、肉屋に売り払うぞ!」
といわれて逃げ出すところから物語は始まる。

登場するのは年老いた動物たちばかりだ。
力のなくなったロバ、息切れのする犬、寒がりやの猫…
長年、人間のために働いてきたのに、年をとって働けなくなったら邪魔者あつかいされてしまう。

つまりこれは高齢者の話なのである。
動物に例えられてはいるが、仕事をなくした高齢者が生きる場所を失った、という話なのだ。
これって現代にもありそうじゃない?

仕事ができなくなった動物たちは、それでも生きることをあきらめたわけじゃなかった。
「俺はギターがひける」
「ぼくはタイコが叩ける」
「あたしはバイオリンが弾ける」
「ワシは歌が歌える!」
「じゃあ、みんなでブレーメンへ行って、音楽隊をつくろう!」
と夢をもって旅をする。

高齢になっても、自分の残存能力をいかし、第二の人生を楽しもうとする
すごい教訓的な話じゃない?

やがて彼らは泥棒たちのアジトとなっている家を見つける。
窓からは、ずらりとごちそうが並んだテーブルが見える。
ロバ・犬・猫・オンドリは協力しあって泥棒を驚かせ、追い払う。

えーとこれは、高齢者も力を寄せ合えばまだまだ世の中の役に立てる、ということだろうか?

「家はとてもいごこちがよく、食べるものもお金もたっぷりありました。
4匹はこの家で幸せに暮らしましたとさ。
おしまい」

・・・えっ? おしまい?

ずっとこの家で暮らす?

いや、ブレーメンに行けや!

泥棒からまきあげたお金があれば旅費になるやん。デビュー資金にもなるやん。自由の都ブレーメンで音楽隊をやることが夢だったんとちゃうの?

つまり、この話は・・・

人間は、困難な状況にあればあるほど夢をもち、ハングリー精神をだして踏ん張るものだが、一度あぶく銭を得て安楽な暮らしを覚えてしまうと、夢を忘れ堕落してしまう。

とか言いたいわけか?

・・・いや、まあ、高齢者の話ですから。
みんなで泥棒をやっつけた時点でくたびれちゃったんだろう。

理想の都ブレーメンじゃなくても、いごこちのいい家があればいい。
プロにならなくても趣味で音楽をやればいい。
人間関係を大事にしながら、頑張りすぎず、楽しい人生をおくりましょう、ってことかなあ。

それにしても、ブレーメンにたどり着けなかったのに、なんでタイトルは『ブレーメンの音楽隊』なのだろうか?

本日の猫写真。

何かを狙ってるサンジ君。…何かは、知らんけど。

ランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント