2人バイオリン、初めての挫折

母と私が2人で一挺のバイオリンを弾く2人バイオリンは、今年も夏のコンサートに参加を予定している。

子供中心のコンサートに出るのも今年で3回目。母が回復するにつれて2人バイオリンの腕もだんだん上がっており、今では子供たちに負けないくらいしっかり弾けるようになった。

・・・と、言いたいところだけど!

残念ながら、子供たちの上達のスピードは母の回復スピードをはるかに上回る。どんどん難しい曲に挑戦するようになって、コンサートの曲も難しくなってきた。今年は3曲を弾く予定だったが、一番むずかしいモーツァルトの協奏曲がどうしても弾けない。高次脳のせいで、母はうまく楽譜を読めないのだ。

楽譜を拡大したり、左側も見えるようにしたり、いろいろ工夫したけど、どうしてもダメだった。間違えてばかりなので1曲1時間もかかってしまう。ものすごく疲れるし、私がイライラしてしまう。病気のせいだとわかっていても、どうしてこれくらいできないのかと、母を責めてしまいそうになる。それは絶対にしてはいけないことだ。
「あきらめよう」
2人バイオリン初めての挫折を経験した。

モーツァルトはあきらめて、残りの2曲に集中しよう。『グリーン・スリーブス』とバッハの「オーボエと弦楽のためのコンチェルト」だ。グリーン・スリーブスは問題ないし、バッハも易しいから大丈夫。ちゃんと楽譜を読むことができる。

・・・できるのだけど!

ここにも意外な障壁が立ちはだかった。

休符である。

4小節以上もお休みだ

私たちのパートはセカンド・バイオリン。コーラスで言うならアルトである。他の人たちがメロディを弾くあいだ「お休み」があったりする。

この「お休み」が曲者で。1拍2拍ならともかく、何小節も休みがあるもんだから母の集中力が途切れてしまう。で、いつ弾き始めるのか、どこを弾いているか、わからなくなる。しかもメロディにつられまくる。ムチャクチャである。

私たちだけで弾くなら完璧だし、パートごとに弾くこともなんとかできる。でも合奏になると本当に本当に難しい。昨日の練習では、子供たちに全然ついていけなかった。

あと2ヶ月で弾けるようになるのだろうか? 道のりは険しい…。

本日の猫写真。

母といっしょに寝ていたら、介護ベッドがギャッジアップして、変な姿勢になってしまったシシィ。

コメント