モーツァルトが笑って見てる

今夜も、昨日と同じく母とバイオリンの特訓をした。どうして急に張り切りだしたかというと、日曜にオケの練習があるからだ。ユース・オーケストラの練習。教師たる母が、子どもたち・・・生徒たちの前で恥をかくわけにはいかない。みんなに追いつこうと必死なのだ。

モーツァルトの楽譜に屈辱的なふりがなを打ちながら、
「音符の下にドレミを書くなんて知ったら、モーツァルトはびっくりするだろうねえ」
と母が言った。
「モーツァルトに怒られるんじゃないかな?」
その言葉に、私はウィーンで訪れたモーツァルト・ハウスを思い出した。犬と小鳥と家政婦さんと奥さんと子供のいる、にぎやかなモーツァルトの家。明るい日差しにあふれていたあの家。
・・・大丈夫。
モーツァルトならきっと笑って許してくれるよ。「それはいいアイデアだね!」って楽しんでくれるよ。陽気なモーツァルトさんは、私たちを見ててくれてると思うよ。

譜読みに1時間、それから弾くのに1時間、頑張った。母はデイサービス、私は仕事のあとなので、2時間の練習はかなり疲れた。

疲れたなりの成果はあった。
母は今までで一番じょうずに楽譜が読めた。どこを弾いてるのかわからなくなるという「楽譜の迷子」現象はたびたび起こるものの、練習を重ねればなんとかなるかもしれない。希望の光が一筋、差し込んできた感じだ。

そして、日曜にモーツァルトが弾けたなら、潮目が変わって、私のバンコク行きチケットも取れるような気がするのだ。

職場のミー先輩。今日は利用者さんの邪魔をして、ちょっと悪い子でした。

今日の帰りがけに上司に声をかけられた。
「そういえばだださん、旅行いくんだって?」
・・・あかん、バレてもうとる・・・!

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント

  1. お母様が上手く譜読みが出来るようになって良かったですね。正しくお二人が力を合わせている二人ヴァイオリンだと思います。モーツァルトはきっと「最後まで頑張れ」と励ましていますよ。
    そしてだださんの航空券も買えるといいですね。

    • ありがとうございます。
      まだまだこれからですが…
      障害が多いほど燃え上がります!
      モーツァルトに励まされつつがんばりますね。
      航空券…旅行会社に頼めばすぐとってもらえることに先程気づきました(笑)
      きっとなんとかなるはずです!