車椅子で人間ドックに挑戦したら大変だった話

母と共に人間ドックを受けた。
「最近、人間ドックにいってない!」
と母が言い出したからだ。たしかに母は要介護になってから一度も受けていない。脳のMRIとか、たまに採血検査はしてるけど…。

それで一緒に申し込み、今日、行ってきた。事前に検便と検尿のキットが郵送されてくる。検便は、まあ大丈夫だった。いくらでも方法はあるし時間の余裕もあるからだ。

問題は、当日の朝に採取しなければならない検尿のほう。朝イチのおしっこはパットの中に出てしまうから無理なので、2回目を採ろうと狙っていた。きっと大丈夫だろう、母はなにしろトイレが近いから。

・・・が。
甘かった。

出ないのだ。
どうしても出ない。

普段は多尿の頻尿で悩んでるくらいなのに、朝ごはんを抜いたせいか、それとも「出さなくちゃ」という緊張感のせいか、完全ストップしてしまった。11時半まで何度もトイレに行って頑張ったが、どうしても採れなかった。

仕方がない。
現地で採ろう。

だが、私たちはここで大きな壁にぶつかった。というか、過ちに気がついた。私たちの間違いは、病院ではなく某ホテルの人間ドックを申し込んだことであった。
「病院よりホテルのほうが雰囲気いいし、食事も美味しいし」
という理由で選んだのだけど。人間ドックって、基本、元気な人が受けるものだ。とくにホテルはそうなんだろう。元気な人が対象、ということで、車椅子対応のトイレがなかった。(フロントまで降りればあったけどすごく遠い)

ごく普通のトイレである。フットレストをはずすして近づけば、なんとか個室に入ることはできたが、手すりはほぼ形だけで使えない。なによりも狭い。めちゃくちゃ狭い。機内トイレ並の使いづらさである。介助する私は汗だくだ。

で、それだけ頑張ったのに、
「やっぱり出ない」
採尿できなかった…。

当然、他の検査も難しかった。婦人科検診やバリウムを飲む胃の検査は断られた。大腸の検査や心電図などは私が移乗させたからなんとかなったが、技師さんたちは見るからに車椅子に不慣れで苦労していた。

レントゲンが一番大変だった。背もたれのない椅子に座らねばならず、危険なのだが、ベテランの技師さんが
「私がやりますので!」
と移乗させてくださり、危うく転倒しそうになった。ハラハラした。

もう、ほんまに、皆さんごめんなさいって感じでした…せめて病院のドックを受けるべきでした。

すべての検査が終了したあと、ホテルのロビー階の多目的トイレに入ったら、尿とりパッドはパンパンになっていた。やれやれ。

午後4時。疲れ果てたけど、ようやくランチにたどり着きました。朝食抜きで昼ごはんが4時って、しんどいわ! 夕方だから軽食しかなかったし…。

しかも、それで終わりではなかった。最後の試練は私に襲いかかってきた。

帰り道、車が新神戸トンネル(約8km)に入ったとたん、なんと腸の中のバリウムが外へ出たがり始めたのである! 下剤とか飲んでないのに! バリウムや炭酸を飲むのもつらいけど、我慢するのはもっとつらい。
「っむむむむむうー!」
とか唸りながら家まで運転した。間に合ってよかった。

今日は本当に疲れたし、頑張ったわりに母は検査を受けられなかったので、「もうやめとこう」って思いました。普通に病院で健康診断してもらえばいいやんな…。

帰宅すると猫たちが、甘えてきて甘えてきて。

サンジに踏まれているのにびくともしないシシィさん。

このときは穏やかに寝てたんですけどねえ・・・。

コメント

  1. だださん こんにちは。
    ドックお疲れさまでした。
    私も先日母の健康診断を病院ではなく市民検診センターで受けました。
    検診センターとは言え設備が古すぎて車イス用体重計もないし…。
    今回は眼底検査もあったけど車イスでは検査できず、普通のクルクルまわる椅子に移乗させなきゃいけなくて不安定なこと極まりなく結局ちゃんと撮れなかったんです。

    しかしやはり検尿が一番の砦。
    頻尿の癖にイザと言うときに出ない!!
    しかもおデブな母のお股の間に採尿コップが挟まらない!!!
    手が汚れるとかはどうでもいいのですが折角出てもキャッチできるかどうか不安で…。
    皆さんどうやっ乗り越えてるのか密室検尿奥義を是非聞いてみたいです。
    リトマス試験紙?みたいなのが付いたパットがあればいいなぁ。

    因みに私は来月健康診断でして、宝塚ホテルでバリウム飲んできます~

    • こんばんはー!
      tomoさんのお母様も頑張ってこられたのですね!
      >検診センターとは言え設備が古すぎて車イス用体重計もないし…。
      あ、ホテルにもありませんでした。
      車椅子は想定外なんでしょうね。身長と体重は自己申告。
      目の検査も大変ですよね。
      母の車椅子はフットレストをはずせるので何とかなりましたが、くるくる回る椅子なんて、想像しただけでも危なすぎる!
      頑張ったのに悲しいですね。

      >しかしやはり検尿が一番の砦。
      >頻尿の癖にイザと言うときに出ない!!
      一緒だーーー!(笑)
      イザって思うと出ないんですかねえ。
      母の場合は、座位が不安定になるため、紙コップは難しかったです。
      そこで私は便座の下に大きなビニール袋を張って、そこに溜めるようにしてみたんです。
      が、出なかったら意味がない!!!
      次回は検尿だと教えずに、こっそり準備して、普通にトイレしてもらって採ろうと思います。

      さて、よりによって宝ホでバリウム(笑)頑張ってきてくださいね。
      私はバリウムもですけど空きっ腹に炭酸がキツくて、今もまだ胃が痛いです。