デイサービスでの服薬とバナナの話

母は毎食後、薬を飲まなくてはならない。錠剤を5つ。デイサービスにも持っていく。デイでは看護師さんか介護職員さんが管理して飲ませてくれる。

母は服薬を嫌がったりはしないが、飲むのにものすごく時間がかかる。口に含んだままゴックンができない。下手したら15分か20分くらいかかる。嚥下にも問題があるのだろうが、どちらかというと
「まずい!」
という精神的な拒否反応かもしれない。妹がまったく同じなのだ…。

家でなら時間がかかっても構わないが、集団行動を求められる施設では、これはかなり迷惑だ。ただでさえ食べるのが遅いのだから。

なんとか飲みやすいようにと、いろんな人がいろいろと考えてくださって、服薬ゼリーとかオブラートとか試してみたけど全部ダメだった。

先日から通い始めたばかりのデイの職員さんに
「お家ではどうやって服薬されていますか?」
と訊かれたとき、
「果物と一緒に飲んだら飲みこみやすいのよ。バナナとか」
と母は答えた。
たしかにバナナは柔らかいから飲み込みやすいし母の好物でもある。
すると職員さんが
「ではバナナをお持ちくださればお薬と一緒にお出ししますよ」
と仰って、バナナ持参でデイに行くことになった。

「バナナで服薬作戦」はまあまあうまくいったらしい。
母は現在、日替わりで4つのデイサービスに通っているので、他のデイにも
「服薬用にバナナを持っていっても良いですか?」
と聞いてみたところ事業所によって
「良いですよ!」
と即答されるところもあれば、やんわり断られることもあった。
「他の利用者さんの目もありますので・・・」
そりゃそうだよな。
バナナはおやつに入るどころかご馳走の世代だもんな。

そういえば、なんで果物なんだろう。
「ゴハンと一緒に飲んだらいいやん。おやつでもいいやん。おやつと一緒に薬のみなよ」
と言ったら!
母は負けじと言い返す言い返す!
「だってゴハンは余計にまずくなるもん! おやつは私の食べられないもの(ゼリーとか)も多いし! 果物だと上 手にのめるのよ!」

なるべく施設サンの手を煩わせたくないと思う。
でも母が負担なく薬をのめることも大事だと思う。

ああ、もおお!
めんどくさーい!


 ↑
気持ちよくお昼寝してたのにシシィに襲われて
「めんどくさーい!」
って思ってるサンジ君。

ランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護
猫とビターチョコレート

コメント