癒やされる職場

首が回らなくなった。いや借金の比喩とかじゃなくて。

寝違えたのだろうと思っていたが、だんだんと痛みが増してきた。顔をどちらに向けても痛いしじっとしていても痛い。というか、仕事中なんでじっとしていられないからずっと痛い。ギックリ腰ならぬギックリ首だ。

私の腰痛はメンタルからくることが多い。ストレスだ。
そういえば今日は朝からストレスが多かった。
ちょっと悲しいことがあったり
ちょっと嫌なことがあったり
ちょっとイライラしたり
重なったから。
それで痛くなっちゃったのかなあ。

そんなことを思いながらも最後の仕事に向かった。デイサービスの送迎だ。だがこの頃にはもう痛すぎて首がほとんど動かせず、運転なんかしたら危ない状態だった。仕事は誰かに変わってもらって病院へ行ったほうがいい…。

「こんにちはー」
デイの部屋の扉をあける。今日は仕事ムリです、運転できませんって、どうやって言おうかな…。
「こんにちは!」
Aさんが笑った。
「こんにちはあ」
BさんもCさんもDさんも笑いかけてくれた。
Eさんがお風呂から上がってきた。ぴかぴかの笑顔で。スタッフがおやつとコーヒーを差し出したので、Eさんの笑顔はもっとぴかぴかになった。

・・・ああ、ここは穏やだなあ。
嫌味も、皮肉も、悲しみもイライラもない。
穏やかな笑顔と歌声に満ちたデイサービス。

そのあとしばらく利用者さんたちのおしゃべりを聞いていた。そしたら、

そしたら!

首、治ってたー!

嘘みたいな話なんだけど。痛みは半分くらいになり、運転に支障がないくらいには動くようになっていた。利用者さんたちの穏やかな雰囲気に癒やされたのだと思う。送迎の仕事も普通にできた。

「仕事に癒やされる」ってすごくない!? 毎日が戦いで殺されそうなブラック企業が多い中、びっくりするほど超ホワイトな職場だ。まあ給料は安いけど。

本日の猫写真。

「お手」は上手にできるようになったシシィさん。次の芸を教えてみたんだけど、難しくて諦めモード。芸なんかできなくてもいいから、楽しく暮らそうね。

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
介護職
猫とビターチョコレート

コメント

  1. 若い頃はよく首が回らなくなりましたし極度の冷え性でしたが
    体質って変わるものですね~
    両親の施設のスタッフさんも実に明るく、職員さんも募集無し
    そういう所は上手く職員さんも定着しているのでしょうね
    ヘルパーさんのTOPさんが若いのにとてもしっかりされていて、この方が
    居られる限り、ここは大丈夫とすら思っています。
    私服でOFFに来られている時に入居の荷物を一緒に運んでくれました。
    訪問医療の件、blogに書いてみますね

    同一人物ですぅ~~

    • こんにちは。
      お返事が遅くなってすみません!
      職員募集かけてない施設なんて実在するんですね。すごいなあ。
      うちもいい職場ではありますがいかんせん高齢化が(笑)

      ブログ拝見しました。
      訪問診療の記事、大変参考になりました。
      ありがとうございます!
      我が家も訪問の先生、一度来てもらうことになりました。
      まだどうなることかはわかりませんが。
      お医者さんも施設さんも、良い方に巡り会えるかどうかはとても大きなことですね。