最悪の濡れ衣

自宅で一人本を読んでいる時に急な来客があった。リビングにお通ししてコーヒーを飲みながらお喋りしていたのだけど…。ふいに、世界一どうでもいい質問をされた。
「ねえ、貴方ボーイフレンドは?」
この年になってもまだ訊かれるのかと思いつつ笑いながら誤魔化していたが、その方の様子がなんとなくおかしい。ちょっと、ちょっと、ちょっとだけ視線がズレている。何を見ているのだろう?
「いいひといないの? まあ、いいわよね、そういう人生も。だから本とか読んで・・・」
えーと、本を見てたの? 読みかけて手元に置いてあった本。でも「だから本」って? どういうこと?

その意味が分かったのはお客様がお帰りになった後だった。続きを読もうと本を手にとったときだった。本の…表紙が目に入ったときだった。

その本の表紙には、裸のお姉さんのイラストが載っていた。少しヤバい絵だ。というかエロい絵だ。エロい絵…ということは。
「濡れ衣だーーー!」
と叫び出しそうになった。

私が読んでいたのはごく普通の推理小説だけど、表紙のエロい絵だけを見たお客様はものすごい勘違いをされたのだろうと思う。
「ボーイフレンドいないの?」
「だから本とか読んで・・・」
って!
何が『だから』だあああああ!
違うううううう!
そういう本じゃなあああああい!

メールで誤解を解きたいくらいだったが、なんて書いたら良いかもわからなかったので、今も誤解されたままだ。ひどい話だと思った。というか、迷惑な話だ。なんでミステリーにこんなエロい表紙をつけたんだろう。裸のお姉さんは出てこないのに(今のところは)。

図書館からタイトルだけで借りてきた本だから表紙なんか気にしていなかった。同じ本でもこっちだったらまだ大丈夫だったのに…。

今日は他にも書きたいことあったんだけど全部とんでったわ!

気を取り直して今日の猫写真。

ピンクの肉球を見せつけてくるシシィさん。ぷにぷにし放題だよ!

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
猫とビターチョコレート

コメント

  1. ひ、酷すぎ。
    だださんの心中お察しして、
    うぎゃぁぁぁぁぁ、違うぅぅぅぅぅと私も叫びたくなっちゃい
    ました。
    もしエロイお姉さんが最後まで登場しなかったら、被害申請
    したいくらいですね。
    あってよかった、気を紛らわしてくれるピンクのぷにぷに。
    元気に過ごしているサンちゃん、何よりです。

    • ひどいでしょー。でも笑っちゃったー!
      まさかそんな誤解をされるとは。
      裸のおねえさんが出てきたとしても、表紙にはしないでほしかったです。
      図書館の本でもブックカバーを付けるべきなんでしょうかねえ。

  2. 図書館で借りる時この表紙は恥ずかしいかも….?
    そのお客さんはその表紙の理解者かもしれませんよ!

    • 借りるときも読んでるときも表紙の絵なんか気にもしてなかった!
      しかもお客様はけっこう上品な方でございます…(笑)