超弾丸!ほぼ日帰りバンコク旅行(6)ちょっとだけお買い物

雨あがりの真っ青な空に、キラキラ輝く雲をみつけた。
虹色の雲。彩雲だ!
昔から「瑞雲」とよばれていた幸運の兆し。

豪雨や地震や、ろくなことがなかった日本にも、きっとこれから良いことがある。災害で離れ離れになった人たちが、一刻も早く、笑顔で家族と再会できますようにと彩雲に祈った。

・・・バンコク旅行記のつづき、いきます!


カオマンガイ屋で昼食をすませた後、しばらくぼーっとしていた。
暑いし、体調もいまいちだし、早朝から突っ走った疲れがでていた。そのへんで買ったジュースを飲みながら一休み。

話し相手をしてくれた猫さん

道端の猫さんとおしゃべりしてたら、スマホが鳴った。

かつて海外旅行といえば地図やガイドブックとにらめっこしながら歩いたものだが、今はスマホひとつで事足りる。数百円の使い捨てSIMを買うだけで旅行中でもネットにつながり放題。マップアプリを使えば私でさえ道に迷うことがない。もちろん、いつでも日本と連絡がとれる。

そんなわけで普通にメールが来た。

差出人: 上司Mさん
件 名: ◯◯様のオムツ交換について
本 文: 尿とりパッドの…こすれて…陰部洗浄時には…

・・・OFF!

瞬時にスマホを切った。
思わず電源まで切った。

今はダメ!
今だけはダメ!
私、今日だけはオムツと離れたい!

便利なのはいいけれど、ムダに繋がりすぎるのも困ったものだ。緊急連絡以外は見なかったことにしよう。

でも上司からの生々しいメールのおかげで目が覚めた。
私は何をしていたんだろう。
のんびり休んでいる場合ではない。
残された時間はあと僅かだ。
・・・いくぞ!

プラトゥナーム

なんにも考えずにプラトゥナーム市場に突撃した。

ここは衣類の問屋街だ。怪しいブランドTシャツをたたき売りする店もあれば、水着ばかり売る店もある。ウェディングドレスの店、イスラム教徒用のアバヤを売る店、ベルト専門店、紳士服店などが建物の中にも外にもみっしりと並んでいる。もちろん激安、スーツ1着99バーツ(約300円)で売ってたりするから怖い。

変わった店を見つけた。Tシャツ専門店らしいが、山積みされているTシャツが黄色・黄色・黄色、デザインは違えどすべて真っ黄色なのだ。

どうして全部黄色なの?と尋ねると店員が教えてくれた。

「来月、王様の誕生日があるんだ。それを祝ってるんだよ」

へー。タイで黄色といえば、反タクシン派とかプミポン前国王のイメージカラーだと思っていた。今の国王様でも黄色のTシャツ着るんだね。(タイには生まれた曜日ごとにシンボルカラーがあり、前国王も現国王と同じく月曜日生まれ[黄色]だそうです)

「王様の長寿を願うTシャツだよ。君も記念にどう? 1枚70B(約210円)」

やっすーい! よし、買った!

何も考えずに謎の勢いで買ったけど…

帰宅したらシワシワになってた黄色Tシャツ

帰国してからため息がでた。英語とタイ語で
「王様、長生きしてね!」
って書いてある真っ黄色のTシャツ。
こんなのどこで着ればいいんだ?

問屋街を歩いているうちに雨が降ってきたので、トゥクトゥクに乗り、最終目的地のMBK(マーブンクロンセンター)に行った。

タイを初めて訪れた20年前からあるショッピングセンターだ。現代的なビルにもかかわらず、一歩踏み込めばそこはプラトゥナームと同じく小さな店がひしめきあう超ごちゃごちゃ空間。いかにもタイらしいMBK。

でもやっぱり・・・久しぶりに訪れるとずいぶん変わってた。

建物はキレイになってたし、迷路のようにひしめきあってた店もなんだか垢抜けちゃったようで、昔のような面白みがなくなったように思う。

だから、こういうマネキンを見つけると少し嬉しくなった。

機能特化しすぎたリュックを抱くマネキン

せっかく来たのだから、自分用にタイパンツを一枚買って帰った。

薄手のものなら100B(300円)だが、厚手の生地のしっかりしたパンツは350B(約1050円)。もちろんここから値切って値切って・・・最終的にいくらになったんだっけ?

実はこのとき私はだいぶ焦っていた。もう時間切れだった。12時。ついに帰らなくちゃいけない時間が来てしまったのだ!

ブログランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)
スポンサーリンク
弾丸旅行
猫とビターチョコレート

コメント

  1. だださん、おかえりなさい!
    バンコク旅行記、ワクワクしながら読んでます。
    私も20年前タイに行ったんですよー(20年前だなんてびっくりw
    地元の市場も、たくさんのネコも、屋台のご飯もなつかしい!
    50Bで買ったパンツを長い間パジャマにしていたのも思い出しました
    どこで過ごしても1日の長さは同じはずなのに、特別な1日は濃密でキラキラしてますよね
    20年前のタイの思い出を呼び起こしながら、今日も明日も同じ1日、大切にしなきゃなーなんて思いました

    • はーい、だいぶ前ですがたたいまです(笑)
      20年前ですか。
      私が初めてタイに行ったのもそれくらいでした。
      バンコクはめざましく発展しましたよ!
      街も人も洗練され、清潔になって、物価が上がりました。とくに宿代が…
      でも猫がたくさんいることも、屋台がおいしいことも変わりません。

      >50Bで買ったパンツを長い間パジャマにしていたのも思い出しました
      わかります(笑)
      私の黄色Tシャツもパジャマかなあ。