高田 郁: 八朔の雪 みをつくし料理帖

江戸時代、料理人の女の子の話。

主人公は大阪うまれの女の子・澪。事情あって江戸へ出てきて蕎麦屋「つる家」で働き始めるが、上方と江戸とは味の好みがまったく違う。若いが根性のある澪が、まわりの人に助けられながら、苦労と工夫を重ねてアイデア勝負の料理をこしらえる話。

ミステリばっかり読んでいたら、殺したり殺されたりするのにウンザリして、人が死なない話を読みたいなあと思って借りてきた。でもこんどはあまりにものんびりしているように感じられて、ちょっと退屈だなあと思いながら読んだ・・・のだが! すごい良かった! 和食が食べたくなった。シリーズものなので続きも近いうちに読もうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です