深緑 野分: 戦場のコックたち

第二次大戦時、ヨーロッパで戦ったアメリカ兵のコックたちの話。

主人公は若きアメリカ兵のキッド。戦いながらコックの仕事もする特技兵だ。1944年、彼はパラシュードでノルマンディーに上陸する。戦いと日常的な謎解きが交互に描かれ、最初はのんびりとしたものだったが、戦闘は激化、次々と仲間を失っていく・・・。

途中まで普通に翻訳ものだと思って読んでたので、作者が日本人がだと知ってびっくり。しかも女性だと知って尚びっくり。でも良い本だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です