佐藤愛子: 九十歳。何がめでたい

90才を超えた小説家・佐藤愛子のエッセイ。

斬新なことが書かれているわけではないけれど、さすがの文章でユーモラスに読ませる。ズバズバと言いたいことを言う毒舌で、年配の読者は「そうそう!」「そうなのよ!」「よく言った」と思いながら読む・・・らしい。

正直、私は「昔はよかった」「今の若者は」という話がだいぶ苦手。ただ、老いるということはどういうことなのか、感じ方や考え方になるほどなあとと思いながら読んだ。

後半はかなり読みやすくなり、イタズラ電話やしつこいリサイクルショップを撃退する話などとてもおもしろかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です