潜在意識との闘い

何度目かわからないけど性懲りもなくダイエットを始めた。適正体重を大幅にオーバーし、体脂肪率も血糖値も高い。なんとかしなくっちゃ!

痩せたいというよりは「健康になりたい」という思いでダイエットを始めたのがちょうど一週間前。といってもそんなハードなことはしない。無理はしない。少しでも長く続くように、私が自分に課したことは、これだけだ。

・夜中にスナック菓子を食べない
・毎日20分軽い運動をする

本当に、必要最低限の節制だと思う。むしろ今までがひどすぎただけ。食事はほぼ今までどおりだし、昼間はチョコレートも少し食べるから、ダイエットといってもぜんぜんキツくない。お菓子を食べないことには簡単に慣れた。

なのに。
悪夢にうなされるようになった。

毎晩、血だらけのぐっちゃぐちゃのホラーな夢ばかり見るのだ。あまりの恐ろしさに飛び起きて、隣で寝ていた猫にしがみつく。しばらくお腹をモフモフさせてもらってようやく落ち着いた。なのにもう一度寝たらまた同じ夢を見る。寝た気がしない!

悪夢の原因はダイエットによるストレスだろう。他に考えつかない。

でも、なんでだろう?
ダイエットといってもごく軽いもので、私自身は「平気へいき」と思っているのに。そんなに我慢しているつもりもないのに。

もしかして私の潜在意識は、夜中にチョコフレーク(もしくはポリンキー)を食べないと死ぬ、とか思っているのだろうか? なんて食いしん坊なんだ私の潜在意識め!

潜在意識 VS 顕在意識。
果たしてこの闘いはどちらに軍配が上がるのだろうか?
(長々と、ダイエット挫折のための布石を用意してみました。)


今日は猫を撮るのわすれたから、ハコベの写真。

でも、あれだな。
自分のことってよくわからんものだけど、私ももしかしたら無意識でいろいろ我慢してるのかもしれないな。在宅介護してると自分のことは後回しになりがちだから。自分の時間、自分の買いたいもの、自分の食べたいもの・・・当然のように我慢して、それが普通になっているから。

耐えかねた潜在意識が
「夜中のチョコフレークくらい、いいやん!」
って反抗してるのかもしれない。
・・・いや、あかん!
あかんねんでー!