英単語で気分転換をする方法

最近、母を見習って勉強をしている。勉強というとちょっと大げさだけれど。気分転換に「英単語を覚える」という方法を試みている。

なにか嫌なことがあったり、うっとおしいことを考えてしまいそうになると、その場でスマホアプリを使って英単語を覚える。気を紛らわせれば別になんでもいいんだけれど、一瞬だけ、そちらに気持ちを集中させる。

「くっそー、あいつぶん殴りたい!」
と思ったら、スマホを開いて
「irrelevant=無関係の」
とかを覚えてみる。40を過ぎるとなかなか覚えられないから、一生懸命くりかえすうちに頭の中の嫌な事は追い出されて、追い出されたところに
「irrelevant=無関係の」
が入ってくる、という仕組み。覚えたってすぐに忘れちゃうけどべつにいい。怒りや憎しみや悪い感情を一瞬でも断ち切ることができれば成功だ。

「あんたはかなり粘着質な性格だ」
と妹に言われたことがある。一度恨みに思ったらネチネチとずっと恨み続けるし、一度怒ってしまったら多分一生おさまらない。でも悪い感情を長持ちさせても何も良いことはない。忘れることは大切だ。忘れるために、自分が楽になるために、英単語を覚えようと思う。まあ英単語も忘れるけど。

さて今日は、あんまり良い天気だったので外に出た。川辺を歩いておにぎり食べた。コンビにのおにぎりでも、青空の下ではご馳走だ。

dsc_1921

本日の猫写真。猫のサンジの口。

dsc_1927

猫の口元って、ウサギの口とちょっと似てる。