時間がほしい

今日は休みの日だったが、やっぱりバタバタしていた。
朝から母を病院につれていって、家事して、お客様が来て、昼ごはん用意して、ガス屋さんが給湯器の交換に来て、2人バイオリン弾いて、銀行とスーパーと薬局に行って、晩ごはんつくって、年賀状つくって、現在に至る。市役所も行きたかったけど間に合わなかった。

一つひとつの用事はたいしたことがないのに、ずっと慌ただしい。用事と用事のあいだもバタバタと走り回っている(主に母のトイレだ)。まあ、要領がわるいんだろう。平日に休みがあってもこれなのに、土日しか休みがない人って、病院とか銀行とか役所とか、ぜんぜん行く暇がないと思う。一体どうしてるんだろう?

もっと時間がほしいなあと思う。
やりたいことはいっぱいあるのに!

台所の床の拭き掃除をしたいし、換気扇周りをなんとかしたい。トイレとリビングを模様替えしたい。シンク下を整理したいし、オムツ置き場も作りたい。キャットタワーも作ってあげたい。テレビとレコーダーも見に行きたい。妹にジャケットを届けに行かなくちゃと思いつつ1週間が過ぎてしまったし、事務の仕事もまだ終わってないし、図書館から借りてきた本はぜんぜん読めてないし、そうそう、早く母を紅葉をみに連れて行かなくちゃー!

そんなこと考えてるだけで一日が終わってしまうのです。

もっと余裕をもたなくちゃダメだなあ。

余裕を。

・・・これくらいの余裕を。

ドーン!

と寝っ転がるシシィさん。余裕ありすぎです。はしたなすぎです。

お客さんの膝でくつろぐサンジ君。

このあいだ読んだ本にこんなことが書いてあった。
「動物は時間に追われるなんてことはない。時間を測るのは人間だけだからだ。」
たしかに猫たちはみんな余裕綽々ですな。見習わなくちゃ。