いよいよ明日!

いよいよ明日。コンサートの本番がやってくる。子供と若者が中心のユース・オーケストラで、私と母の2人バイオリンも後ろで弾かせてもらうのだ。

コンサート直前ともなれば連日何時間もの練習がおこなわれるのだが、さすがに全部は無理なので、私の仕事が終わってから参加した。(仕事あがりの汗臭い体でバイオリン弾いたよ…。)

上手な人たちはバッハやハイドンなどいくつもの曲を弾くが、私と母が弾くのはビバルディのRV121とRV127の2曲だけ。合計7ページくらいかな? それも全部弾くとクタクタになるので、2楽章は休憩させてもらうことにした。

今まではバイオリンだけで練習してきたけれど、チェロやビオラの低音が入り、そのうえ昨日からはチェンバロまでが加わった。ピアノのご先祖であるチェンバロはすてきに古風な音で鳴る。私たちの練習してきたビバルディはとたんに本物らしく「ヴィヴァルディ」らしくなった。

121は苦手なポジション移動があるし、127の3楽章はすごく早いから、だいぶ必死だ。口が半開きになっちゃうくらい必死だ。でもあと1日でこの曲ともお別れなんだなあと思うと愛しくて、一生懸命に弾いた。

目で指揮と楽譜を追いかけながら、耳で自分の音と全体の音を聞きながら、体ぜんぶで母の様子・・・体の傾き具合、顔の位置、腕と弓の角度を感じとりながら。

バイオリンの音は母の腕から弓へ、弦へと伝わり、最後に私の指先の干渉を受けて空中へと放たれる。
一音、一音。
跳ねるように、転がるように、押し出すように、震えるように。
一音、一音。
時にはなめらかに。
時には力強く。
時には疾風のように。
そして最後のフォルテ、フォルテ、フォルテ!
がんばれ、がんばれ、がーんーばーれー!

今日の母は完璧に弾いてみせた。ほぼノーミス。高次脳障害があって右足が痛くてほとんど立てない要介護5にはぜんぜん見えないよ!

音は形に残らない。目にも見えないし触れられない。録音はできるけれどただの残響にすぎない。あらわれたかと思う間に消える泡沫だ。明日、一度きりの本番の舞台で、私たちのビバルディは儚く消えてなくなってしまうだろう。8ヶ月間の苦労も汗もぜんぶが消えて・・・そして報われる。バイオリンから放たれた音楽は、聴くひとの耳から心へと伝わっていくはずだから。本当に大切なものは目に見えない。

本日の猫写真。
サンジ君、可愛いかわい~

・・・うん?

明日、うまくいきますように。
皆様、祈っていてください!

ブログ村
ランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)

良かったらシェアお願いします!

スポンサーリンク

『いよいよ明日!』へのコメント

  1. 名前:ロコ 投稿日:2017/08/20(日) 07:55:58 ID:ecd332c78 返信

    だださん! 二人バイオリンの描写、臨場感いっぱいです。
    お二人の様子が、とてもよく伝わってきました。
    まるで、速いテンポのビヴァルディみたいです。
    意気込みが感じられます。
    今日は今ごろ、お支度に忙殺されているでしょうか。
    ご成功を祈るとともに、またのご報告をお待ちしております。

    音楽(に限らず)の生のパフォーマンスは、その時のその音
    その声その出来で、確かに消えてしまいますね。
    機械的に媒体に記録されはしても。
    どんな名手であれ、常に一分の違いもないパフォーマンスは
    できないでしょう。
    そこに、何と申しましょうか、妙味というか唯一の価値が
    あるのだと思います。

    サンちゃ~ん、おばちゃんからも、可愛いかわい~~~。

    • 名前:だだ 投稿日:2017/08/20(日) 22:06:03 ID:69cf83684 返信

      ありがとうございます。
      終わりましたよー!

      どんな舞台も生き物で、消え物です。
      一度限りのものだから、消えてなくなるものだから、美しいのですよね。
      まあ結果は散々でしたが(笑)なにしろ楽しかったです。

      サンジは近頃シシィにやられっぱなしなので、遊んでもらえると喜ぶだろうなー。