第9回 オヤジの手料理

今日はデイサービスの散歩でお寺にいってきた。ツツジの綺麗なお寺である。

ここには白洲次郎のお墓がある。が、その場の誰一人として白洲次郎が何をした人か知らなかった。本来なら私が説明するべきなんだけど、長々としゃべるのが面倒だった(時間なかった)ので、ただ一言
「イケメンです!」
で済ませておいた。我ながら省略しすぎだと思ったが、
「へー、いけめんなんだー!」
「いけめん!」
「いけめんやってー!」
「男前ゆうこっちゃなー!」
えらく盛り上がったので良しとしよう。80才でも90才でも女性にとってイケメンはただそれだけで存在価値があるのだ。

仕事から帰るとオヤジが夕飯づくりにチャレンジしていた。

去年まで、オヤジはコンロの扱い方さえ知らなかった。が、週1で料理にトライしていくうちにだんだんヤル気が湧いてきた。会社の同僚に教えてもらったりして、向上心が芽生えてきたのだ。

近頃では
『男の料理』
とかいうレシピ本を借りてきて、自分でメニューを考えるまでになった。
先週は
「よーし、今日はBLTサンドを作るぞ!」
とサンドイッチに挑戦。


(ベーコン・トマト・レタス生タマネギのサンドイッチ)

・・・とっても「男の料理」ができあがった。

今日も朝から
「トンカツ作るぞ!」
と張り切っていたが、なぜか私が帰宅するまで待ち構えていた。
「どうやって作ったらいいか教えてくれ!」
いや、レシピ本を見ろよ。

とはいえ、教えたらちゃんと作れるところまで来たのだから偉いと思う。オヤジよく頑張ってるよ!

ただ・・・


(トンカツの山とスライスオニオンの山。千切りキャベツの山もある。各自好きなだけ取って食べるスタイル)

男の料理にも程があるよ! 次はもうちょっと見栄えを考えてもらおうと思う。

本日の猫写真。

職場のミーさん。帰ろうとすると必ず
「行っちゃだめ!」
と進路を塞ぐ。
「仕事の次は私と遊ぶ番でしょ!」
はい・・・。