秋の日の黒羊

猫の病気でここのところ忙しかったから、ヤバいくらい母を放置してた。本を読ませて放置。テレビ見させて放置。コーヒーとお菓子と無線機を持たせて放置。気が付いたらこの一週間、買い物にも連れていってあげてなかったよ。ごめんね、お母さん…。

そこで今日はクラシックコンサートへ連れていった。ご近所のホールで、母の友人の音楽家さんたちが演奏をするコンサートだ。

ハンガリー舞曲。パヴァーヌ。椿姫。メリー・ウィドウ…芸術の秋だなあ。私は通路のソファで聴いていたのだけど、気が付いたら眠っていた。熟睡していた。昨日はシシィが暴れたので寝不足だったし、疲れてもいたんだろう。きれいな音楽を聴きながら、それはそれは心地よい眠りだった。

話は変わるのだけど、ガチャポンで「猫のかぶりもの」を発見した。

無駄遣いしてる場合じゃないんだけど、さぞかし可愛いだろうと思って300円を投じてみた。黒が出た。黒羊だ。

ちょうどシシィがどん兵衛の赤いきつねカップを破壊したところだったので、かぶせてみる。

s-dsc_2321

でも、なんか違う。なんか可愛くない。
そこでサンジにもかぶせてみたら、

dsc_2324

商店街あるいてるパーマのおばちゃんにしか見えない。いろいろうまくいかないものだと思った。