車椅子用バッグをネットで買って失敗した話

母とのお出かけ用に、車椅子にぶら下げられるバッグがほしい・・・という記事を少し前に書いた。(9/15「車椅子用バッグを探せ!」)あの記事のあと、ネットショップを探しまくって一つ買った。
評判のいいマザーズバッグ。
厳選した一品。
「利用者の声からうまれました」とキャッチコピーがついてるやつ。
とても便利そうに見えたのだ。

ところが!
思ったより小さかった。
もちろんサイズは確認している。バッグそのものが小さいというわけではなく、きっとデザインとか材質によるのだろう。「マザーズバッグ」だから赤ちゃん用オムツにちょうどいい大きさで、大人用Lサイズの紙オムツにはちょっと無理があるのだ。

容量はとても大切だ。母は多尿の頻尿だから、オムツや着替えがたくさん要る。こんなバッグじゃとても間に合わない。完全に失敗だ・・・。

困っていた矢先、たまたま通りかかった店で、使い勝手のよさそうなバッグを発見した。ファスナーを開けてびっくりした。
「うわあ、これ大きい。リハパンがたくさん入るよー!」
・・・店先でそんな言葉叫んだらダメ。

そのバッグは、私が求めていたもの、

・車椅子のハンドルにひっかけやすい
・車椅子にかけたまま取り出せる
・開口部が大きい
・ポケットがある

すべての条件を満たしていた。
帰宅してからまた驚いた。サイズ的には、失敗したマザーズバッグとさほど変わらないように見えたからだ。

左:いっぱい入るバッグ  右:あんまり入らないバッグ

左の黒いバッグのほうが、1・5倍くらい多く入るのですよ…むちゃくちゃ使いやすいのですよ…。左のバッグがあれば一日中出歩けるけど、右のバッグだとランチしか行けない。それくらい違う。

なんでもネットで買える時代になり、便利になったけど、それでも実際に手にとってみないと分からないことがある。ネットショッピングって難しいと思った。

本日の猫写真。

母が
「シシィもたまには可愛い」
って言ってます。
いや、シシィはいつも可愛いよ!?