利用者さんが倒れてる!?

北海道の皆様、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。
地震に豪雨に台風にまた地震、今年は一体どうなっているのでしょうか。いいかげんに勘弁してほしいものです…。一秒でも早く平穏な日々が戻ってきますように!

職場のミー先輩。夏バテで少し痩せた

私が働くデイサービスは、ごく普通の民家をそのままつかっている。施設に通うのではなく「友達の家にみんなで集まって過ごす」ために。2階が事務所で1階のLDK部分がデイサービスの部屋。

今日は私は仕事の日ではなかったのだけれど、用事があって立ち寄った。普段よりちょっと静かなような気がした。いつもならワイワイと笑い声が聞こえているのに。どうしたのだろうと思いながら玄関をあがり、ガラス戸ごしにデイの部屋を覗くと・・・

利用者さんが倒れている!
しかも3人。いや4人。
倒れて、仰向けになって・・・集団で何が起こった!?

「どどどどーしました!?」
ドアを開けながら勢い込んで尋ねると、
「したいやってるねーん」
倒れている利用者さんが、ほがらかに教えてくださった。
・・・え? え? なんて?
私は何度も聞き返した。

「したいやって!」
「したい!」
「したいになってるの!」
「し・た・い!」

死体!?

キョトンとしている私を見て皆さんゲラゲラ大笑いしながら起き上がった。
「死体ヨガだよ。知らない?」
先輩職員が教えてくれた。
「今日はいろいろやったから最後にヨガでリラックスしてもらったの」

死体ヨガ。

初耳でございました。シャバーサナというヨガの基本ポーズらしいです。不勉強で申し訳ありません。いやそれにしても高齢者集めて死体のポーズって、なんちゅうか、なんともいえない光景でございました。

死体やってる利用者さんたちはみんな、楽しそうで、
「気持ちええよー」
と仰っていました。そこで
「私もやってみよう」
と思い、先程、ネットで調べてやってみたところ・・・

本当に意識を失ってしまったではありませんか!

運良く目を覚ましましたが1時間が過ぎていました。もしかして私は小一時間ほど死んでいたのでしょうか? それにしてはスッキリしました。死体ヨガ怖い。ああ、よく寝た。