デイサービスの連絡帳

デイサービスでの様子を教えてくれる連絡帳は、施設と介護家族との架け橋。その日の血圧や入浴・排便の有無などのチェック項目ももちろん大事だが、私が気になるのは自由記入欄だ。介護士さんが忙しい仕事の合間を縫って書いてくださる一言。

その内容は施設によってずいぶん異なる。
いつも一言「リハビリしました」とだけ走り書いてあるデイは、人手が足りなくて大変なんだろうなと心配になる。逆に、「今日はこんなことをやりました」「こんなことをおしゃっていました」と、母の様子が具体的に書いてあると、ああちゃんと見ててくださってるんだなと安心する。まあ、担当する職員さんによってもだいぶ差があるんだろうけどね。

それにしても先日の連絡帳にはまずいことが書いてあった。
どうやら、母はデイで、ぶいぶい言わせているらしい。
おらついているらしい。


まずいよ、
「おらついて過ごされました」
って書いてあるよ!
おかーさん、オラオラ系老人だったの? って母にきいたら
「それなに?」
って言われた。

オラつく
どことなく不遜、横柄、傍若無人、自信満々、偉ぶり、上から目線で周りを見下すような態度、といった雰囲気が感じられるさまを表現する言い方。(参照

ほんま、忙しいもんね。
バタバタしながら書いてるんだもんね。
「ち」が「ら」にもなっちゃうよね、わかるわかる!

連絡帳だからもちろん家族が書く欄もある。でも私は「忙しいだろう」と思い、体調の変化など大事な連絡事項がないときは何も書かない派だった。
それが。
今私が勤めているデイサービスの家族さんが、とくに用のないときでもお礼の言葉を書いてくださるのだ。職員としてそれがとても嬉しかった。
私もその方を見習い、デイの連絡帳にお礼の言葉を書こう!
・・・と、思ったけど、めんどくさくてまだ書いてない。
代わりにここで書いてみよう。

デイサービスの皆様方、オラついてる母をいつもありがとうございます!

本日の猫写真。
新しいスマホで撮ったサンジ君。

まだ10時半だけど、暑いからもう寝よう…。