新しいヘルパーさん

我が家に来ているヘルパーさん。5月から事業所がかわり、ヘルパーさんも新しい人に変わった。だが私は一度も会ったことがなかった。私の留守中に母の介護をお願いしているからだ。引き継ぎにも立ち会えなかった。

だが今日、仕事がはやく終わって帰れたので、初めて新しいヘルパーさんに会うことができた。

一言でいうと、プロだった。私が訂正したり教えたりしなくても、自分で考えてやってくれる人だった。足の装具もきちんと履かせてくれていた(できないヘルパーさんもけっこういる)。

いちいち教えなくていいって、すごく楽!
頼れるヘルパーさんだと、安心!

もちろん今までのヘルパーさんもみんないい人だったんですけど、技術的にいちばん安心感があった。私もこんなヘルパーになりたいと思った。

「あの人、堂々としてはるね。オドオドしたヘルパーさんだと心配だから、よかった」
と母も言う。
体をあずけることだからね。
よし、私も堂々とできるフリをしよう!たとえぜんぜんできなくても!(駄目)

でも、そのベテランヘルパーさんでも、BOSのことは知らなかった。
便の臭いをシャットアウトしてくれる、防臭ビニール袋。

案外、知ってる人少ないのですね。
田舎なせいか、あまり店でも売られてないし、ちょっと高い。
本当に便利で良い物はもっと買いやすくなってほしいです。

本日の猫写真。

わざわざ私のそばにきて、心配そうにお話ししてくれるサンジ君。

「今日な、シシィがな、変やねん。おとなしいねん。静かやねん。シシィがやで? おかしいやろ。お昼ご飯をゲロゲロしちゃってな、ぼく、びっくりしてん。シシィ、どうしたのかなあ。病気かなあ?」

いや、大量のご飯を一気食いしたから、気持ち悪くなっちゃっただけだと思うよ…。でも、めったにないことだから、シシィもびっくりして凹んでるのかもしれないね。さっき胃薬のませたから、きっとだいじょうぶ。明日にはいっしょに遊べるよ。