ヘルパーさんが足りない

連絡があって、ヘルパー派遣事業所の責任者が家に来た。
「電話でお話しするべきことではないと思いまして」
そんな前置きをして。
次の言葉が。
「高齢者の介護事業から撤退することになりました」

つまり、ヘルパー派遣の事業所がつぶれたってことだ。

私も母もおどろいた。
寝耳に水だったから。
でも、つぶれた理由をきいて納得がいった。

「人手不足」

その事業所は、障害者と高齢者、両方の介護事業をやっているところなのだが、ヘルパーさんが足りなくなって回らなくなり、高齢者のほうを閉めることに決まったらしい。悲しくて寂しいけど、しゃあないなあ。母のこと、よその事業所が受けてくれるといいなあ…。

人手不足は深刻だ。はやく介護ロボットが実用化してくれるといいな。

本日の猫写真。
窓辺で朝日をあびるサンジ君。

ちょっとだけ、ふくよかになってきたかな?

うちにヘルパーさんに来てもらってる理由は、私が仕事(ヘルパー)をしている間、母の介護をしてもらうためだ。ヘルパーするために別のヘルパーを呼ぶなんて、矛盾を感じる。
「あんたが私の介護をしてお金もらえるんだったらいいのにね」
と母が言った。ほんと、それができばいいのに! たしか昔はできたんじゃなかったっけ?

在宅介護者が資格をとって、事業所に登録して、自分の家族の介護をする。それでわずかでもお金がもらえたら楽なのに。そんで空き時間にほかの人の介護もすれば、介護無職がちょっと減るんじゃないの? ちょっとだけ人手不足解消になるんじゃないの? まあ、どうせズルする人が出てくるんやろけども。

『ヘルパーさんが足りない』へのコメント

  1. 名前:けいか 投稿日:2018/04/12(木) 11:13:34 ID:9d5f45178 返信

    ウチもそれを出来たら負担減るのにな。

    • 名前:だだ 投稿日:2018/04/12(木) 20:29:23 ID:f1e61f19b 返信

      そうなんですよね…
      そういう人、多いと思うんです。