おしらせ
2018年2月20日に『おでかけは最高のリハビリ!』という本を出版しました。全国の書店さんで予約受付中。詳細は、こちら!

猫が死んでいた

バイトの帰り道に、猫が死んでいた。サビ猫だ。車にはねられたらしい。
「ミーちゃんかも」
と思ってドキドキした。バイト先の事務所にすみついている半野良「ミーちゃん」。立派なオスのサビ猫だ。バイトの中でもペーペーの私はまだあんまり親しくしてもらえないんだけど、おはようって声をかけると返事くらいはしてもらえるようになった。だから、バイト先の近くで死んでる猫がミーちゃんだったらどうしようと思いながら駆け寄っていったのだ。

でも、知らない猫だった。同じサビ猫でもミーちゃんよりずっと小さくて若い猫だ。首輪もしていないから多分、野良だろう。

そうこうするうちに下校中の小学生が集まってきた。
「わー!猫死んでるー!」
「きっもー!」
と大騒ぎだ。

知らない猫でもこのまま放置しておくわけにはいかない。できたら埋めてやりたいけど連れて帰る方法がない。それに母がデイから帰って来るので時間もあまりなかった。
「役所に電話したらいいんじゃないですか?」
そのへんを歩いていた人にアドバイスされたので、市役所に連絡をした。すぐに道路清掃係が片付けにきてくれるとのことだった。

「清掃係が片付けに」。
その言葉が悲しかった。死んだ猫に申し訳ない気がした。でもほんとに時間がなかったので清掃係にあとを任せてその場を立ち去った。

・・・ここまでが先週末の話。

今日、あれから初めてのバイトに行った。事務所へ行くと、いつものんびり昼寝をしているミーちゃんが
「ミャーーー!」
すごい勢いで走ってきて、
「ミャミャミャー、ニャニャン!」
すごい勢いで話し始めた。これまでは、私が声をかけてもそっけなく「ミャ」しか応えてくれなかったというのに、どうしたんだろう。

猫語はさっぱり分からないが、このあいだ死んだ猫のことかなあと思った。それで
「あんたの知り合いの猫やった? 埋めてあげられんでゴメンなあ」
と謝ったら、ミーちゃんはさらに猛烈な勢いで
「ミャミャミャーン、ミミイイイイイ!」
私にスリスリして、犬みたいにごろんとお腹を見せてくれた。
やっぱり全然わからないが、ミーちゃんなりに言いたいことがあるのだろうと思った。

dsc_1945

まあ、私についていたシシィ(メス猫)の匂いに反応しただけかもしれへんけどな。

ブログ村
ランキング参加中です!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
(ブログ村には多数の介護ブログが集まっています)

良かったらシェアお願いします!

スポンサーリンク

『猫が死んでいた』へのコメント

  1. 名前:POTE 投稿日:2016/10/18(火) 08:43:47 ID:4bdc1c654 返信

    「あんたが見つけて、役所に連絡してくれた若ミー(仮名)がお礼言いに来よったでー。あんたのおかげで綺麗なまま天国行けて嬉しかった言うてたでー。私からもお礼言うわー。ようやってくれたなー。飼い猫と違って、外猫はなかなかすぐやってもらえないこと多いねん。ありがとなー」
    …なんてね。
    (想像は果てしなく広がる)

    • 名前:だだ 投稿日:2016/10/18(火) 20:12:35 ID:c26df4448 返信

      轢かれちゃったら悲惨ですもんね…それで放っておけなかったです。
      お外には危険がいっぱいだから、ミーちゃんはくれぐれも気を付けるんだよと言っておきましたが。
      ほんと、ミーちゃんはどういうつもりだったのでしょうね。