在宅介護者が一人旅をするために考えたこと

「在宅介護していても、海外一人旅は楽しめる。」
それが今回の結論だ。
もちろん条件はある。
母には2泊3日でショートへ行ってもらった。仕事は半日休んだ。私の場合はそれができれば旅ができるだろうと計画を立てた。

在宅介護者が海外旅行を考えるとき、一番気になるのは
「もし自分の不在中に何かあったらどうしよう」
という点だろう。
日帰り旅行ならどうせすぐに帰るから心配も少ない。使い捨てSIMを買えば日本とLINEや通話で普通にやりとりができるので、もし何かあってもすぐに施設と連絡がとれるのは安心だと思った。

次に心配なのは
「ちゃんと帰ってこられるか?」
という問題。こちらは切迫している。予定通りに帰らないと大変なことになる。母がショートステイから帰ってきてしまう!

そこでまず調べたのが政治情勢だ。数年前にもタイに行こうとしたことがあったが、バンコクで大規模なデモ(クーデターだったかも)が発生した。若い頃ならそれでも渡航していただろう。バックパッカーって
「用心すれば大丈夫じゃない?」
とか言うものだ。
が、弾丸旅行者は気楽なパッカーとは違う。立ち位置が違う。
「もし何かあったら・・・?」
自分だけが被害に合わないなんて保証はない。危ない「かもしれない」場所に自分から飛び込んで、何かあったら自己責任。「知らなかった」は通用しない。遊びのために母国はもちろんその土地の人に迷惑をかけちゃいけない。危ないことに巻き込まれなくても、空港が閉鎖されたり、空港への道が通れなくなる可能性もある。そのため、数年前は出発の前々日に泣く泣くキャンセルしたのだ。今年は「デモもないしテロも最近ないみたいだし大丈夫!」と調べていた。

天候ももちろん調べる。台風が来ないかとか。バンコクの空港は雨に強いと聞いているが、雨季だし、万が一ということもある。旅先の天気予報をみてから出発するのは当たり前のことだ。

だがどんなに調べていても、飛行機とは遅れるもの。1時間2時間の遅延なんて普通。9時間遅れたこともあるし、飛ばないこともあった。そんなときどうするかも考えておかなくちゃいけない。

私は半日くらいフライトが遅れても大丈夫なように予定を組んでいた。もしドンムアン空港から飛ばなければスワンナプーム空港からの便、日本に帰るフライトがとれなければ韓国や台湾など日本へのフライトが頻発している国を探そうと。

お金がかからないことも、日帰り旅行のメリットのひとつ。

バンコク弾丸旅行の費用(だいたい)

航空券(エア・アジア) 2万円
空港までの往復+ネカフェ代 5700円
バンコク観光費 2277円
お買い物 2727円
合計  30704円

およそ3万円ちょい。
日帰りなら宿泊費が浮く!と思ってたのに結局、関空のネカフェで泊まったのが痛かったくらいか。

そうそう!
大事なことを書き忘れていた。

バンコク弾丸旅行をして初めてわかったことがある。
これまではいつも
「母をショートに行かせて自分だけ遊んでるなんて…」
と無駄な罪悪感にさいなまれたり、ついつい
「母は今頃どうしてるかな…」
なんて思いを馳せたりしてしていたのに。

バンコク旅行中は、一切、罪悪感なしでした!
ほぼまったく、母のことを忘れていました!

開放感がハンパなさすぎて。
時間もなさすぎて。
いらないことを考えるヒマなどなさすぎて。
上司からのメールがくるまで、自分が介護者であることを完全に忘れておりました!
この5年間で初めてだったと思います。

在宅介護しているからって。自由な時間が少ないからといって。本当に好きなことをあきらめてしまうのはイヤだ。旅はどうしたってあきらめきれない。そう思って計画をした旅だった。ほんのつかの間だったけど、一瞬だったけど、私はちゃんと旅に帰ることができた。

さあ、次は。
どこへ行こうかな?

バンコクで最初に出会った猫さん

最後に、バンコクで出会った猫写真を並べていきます!
多いよ!

写真クリックで拡大します。

『在宅介護者が一人旅をするために考えたこと』へのコメント

  1. 名前:台場 投稿日:2018/07/14(土) 11:07:53 ID:1bdfe4364 返信

    だださん、はじめまして。
    旅行記楽しく拝見させていただきました。
    短い時間でしたが凝縮された時間を楽しまれたようで、読んでいるこちらも楽しくなりました。
    要介護ではないですが私も高齢の母と暮らしておりますので、旅行の際は毎日の定時連絡はかかせません(今はライン電話で安く済みます)。
    次は台湾なんかはいかがでしょうか?
    アジアの雰囲気を感じるには良いところだと思います。
    台北から電車で一時間位の侯硐(ホウトン)というところに猫村があります。穴場的な観光地でお勧めです。

    これからもだださんの記事を楽しみにさせていただきますね。

    • 名前:だだ 投稿日:2018/07/14(土) 22:23:54 ID:5ddc5534b 返信

      台場さん、はじめまして!
      どうして…
      どうして…
      どうして私の次の行き先がバレてしまったのでしょうか!!!!
      びっくりしました(笑)。
      台湾の猫村、ずっと行きたかったので、すでにフライトを調べています。
      台湾なら値段もお手頃だし、ご飯もおいしいですしね。
      休みがとれないのでしばらく先になりますが・・・

      台場様のお母様はラインを使われるのですね!
      スマホが使えると本当に助かりますね。

      • 名前:台場 投稿日:2018/07/15(日) 22:12:41 ID:945f6bc1d 返信

        いやバラすつもりはなかったのですが(汗笑)
        今年の5月に行ってきたばかりで、のんびりとした良いところだったので……
        人懐こい猫さんばかりですが、チュールを持っていくとモテモテです(笑)現地でも売ってますが、日本の二倍以上します。

        母は残念ながらガラケーです。ライン電話は固定電話にかけれは有料通話でも3円/分なので、重宝してます。

        • 名前:だだ 投稿日:2018/07/17(火) 20:21:31 ID:fde8f91ee 返信

          いや~ほんまに透視されたみたいでビックリしましたよ!
          台湾の猫さんもちゅーる大好きなんですか。
          絶対に持っていきますね!
          でも来年になるかなー。
          ライン通話はまだ使ったことないのですが、安いんですね。
          最近、SIMを入れ替えなくても海外で使えるスマホが発売されたようで、どんどん進化しているなあと感心します。